ほくろ除去のテープはいつまで貼れば良い?貼りっぱなしでも良い?おすすめクリニック8院や料金表など[2024年4月版]

ほくろ除去のテープはいつまで貼れば良い?貼りっぱなしでも良い?|おすすめクリニック7院や料金表など ほくろ除去
※アフィリエイト広告を含んでいます。
※この記事はドメイン元となるクリニックの監修を踏まえて公開されています。

【2024年4月最新情報】「ほくろ除去の跡にテープを貼られたけれど、いつまで貼ればいいの?」

ほくろ除去後のテープ保護は、いつまで貼るのか、取れたらどうするのか、などの疑問をお持ちの方もいらっしゃいますよね。

今回の記事では、ほくろ除去後のテープについて気になる点を紹介していきます。

ほくろの除去後のケアを含め詳細についてまとめましたので、検討されている方はぜひ参考にしてみてください。

\ 特におすすめなクリニック3院! /
クリニックロゴ TCB東京中央美容外科 東京美容外科 シロノクリニック
クリニック名 TCB東京中央美容外科
※期間によってお得な
割引クーポンあり
東京美容外科 シロノクリニック
最低料金
電気メスによる電気分解法
2mm以下
4,980円
アブレーション
1mmごと1回 5,500円
Qスイッチルビーレーザー
直径1mm以内1個 11,000円
こんな人におすすめ 認定とにかくお得に
受けたい人
種類を選びたい人 大きさを選びたい人
詳細 公式サイト 公式サイト 公式サイト
※本記事で紹介するほくろ除去は、基本的には公的医療保険が適用されない自由診療です。悪性腫瘍やメラノーマだと診断された際などは、保険適用となる場合があります。
なおこの記事は、ほくろ除去の専門家に医学的知識の監修協力をいただきながら作成しました。
※個別のクリニックの掲載箇所や比較表の箇所は除く。
花房先生

 この記事の監修医師: 花房 火月 医師 

2006年東京大学医学部医学科卒業後、がん研有明病院東京大学医学部附属病院NTT東日本関東病院などでの研修を経て、東京大学医学部附属病院皮膚科・皮膚光線レーザー科・助教。 2011年に三鷹はなふさ皮膚科を開設。

  1. ほくろ除去とは?|治療法や注意点を解説
    1. ほくろ除去の方法は4種類
      1. 炭酸ガスレーザーによる除去方法|施術時間が短くダウンタイムもほとんどない
      2. 電気メスによる除去方法|膨らんだほくろにおすすめ
      3. くり抜き法による除去方法|鼻や口周辺のほくろにぴったり
      4. 切開法(切除縫合法)による除去方法|大きいほくろや根の深いほくろに向いている
    2. ほくろ除去のリスクや副作用について
    3. ほくろ除去の料金の相場は?
      1. 保険適用|保険が適用になるほくろ除去
  2. ほくろ除去後のテープについて
    1. 何のためにテープを貼る?
    2. テープはいつまで貼れば良い?
      1. 炭酸ガスレーザーによる除去方法の場合
      2. 電気メスによる除去方法の場合
      3. 切開法(切除縫合法)による除去方法の場合
    3. テープの貼り替えのタイミングは?
    4. テープが剥がれてしまったときはどうする?
  3. ほくろ除去を受けるときのクリニック選びのポイント
    1. やりたい施術方法で選ぶ
    2. 口コミや症例写真を見て選ぶ
    3. アフターケアや保証制度で選ぶ
  4. ほくろ除去がおすすめのクリニック8選!安い料金まとめ
    1. TCB東京中央美容外科 |高品質な治療を低価格で受けられる
      1. ほくろ除去の施術情報まとめ
    2. 東京美容外科|1万円以下で施術可能
      1. ほくろ除去の施術情報まとめ
    3. 聖心美容クリニック|1mmごとのサイズで料金が決まる
      1. ほくろ除去の施術情報まとめ
    4. 水の森美容外科|10個以上の場合は個数関係なく一律料金
      1. ほくろ除去の施術情報まとめ
    5. はなふさ皮膚科|施術方法やサイズを細かく選べる
      1. ほくろ除去の施術情報まとめ
    6. シロノクリニック|安心の5年保証付き
      1. ほくろ除去の施術情報まとめ
    7. ザクリニック|アフターケアもセットになる
      1. ほくろ除去の施術情報まとめ
    8. ルシアクリニック|効果が現れない場合は有料で再照射も可能
      1. ほくろ除去の施術情報まとめ
  5. ほくろ除去を受けたい人が知っておきたいQ&A
    1. 1回できちんと取れる?
    2. 保険適用されるのはどんな人?
    3. ほくろが再発することはある?
  6. ほくろ除去後のテープについて気になる人は、クリニックに相談しましょう

ほくろ除去とは?|治療法や注意点を解説

ほくろ除去とは?|治療法や注意点を解説

ほくろ除去とは、医療技術を用いてほくろを取り除く治療です。

治療方法やリスク、料金の相場を詳しく見ていきましょう。

花房先生

ほくろは見た目の印象を変えるだけでなく、悪性腫瘍の可能性もあります。気になるほくろがある人は、早めに相談してみることをおすすめします。

ほくろ除去の方法は4種類

ほくろ除去の方法は、レーザー・電気メス・くり抜き法・切開法(切除縫合法)の4つです。

ほくろの大きさや深さ、種類などを診察して適切な方法で取り除きます。

各治療法の特徴やメリットを解説しますね。

炭酸ガスレーザーによる除去方法|施術時間が短くダウンタイムもほとんどない

炭酸ガスレーザー治療とは、レーザーでほくろを焼いて取る方法です。

この方法は、顔や首の小さいほくろ除去に向いています。

炭酸ガスレーザーは、痛みがほとんどなく傷跡も目立ちにくいといった特徴があります。

施術時間が短く抜糸の必要もないので、1~2回の通院で簡単にできるのもメリットですよ。

ダウンタイム中は、患部に薬を付け保護シールを貼って1週間~2週間様子見します。

適切なケアをしないと傷がくぼんだままになる場合があるので、クリニックの指示に従って過ごしましょう。

施術時間 5分〜30分
ダウンタイム 1週間~2週間
向いているほくろ 顔や首の小さいほくろ

電気メスによる除去方法|膨らんだほくろにおすすめ

電気メスの熱でほくろを焼いて除去する方法です。

5mm程度の大きさのほくろや、膨らみのあるほくろに向いています。

診察と施術合わせて1~2回の通院で治療ができ、傷跡が目立ちにくいのが特徴です。

ダウンタイムはテープを貼って患部を保護し、正しいケアをして過ごしましょう。

術後は少しくぼみができる可能性があるものの、時間の経過とともに平らな状態に戻り、まわりに馴染んでいきます。

施術時間 5分~30分
ダウンタイム 2週間~3週間
向いているほくろ 5mm程度のほくろ・膨らみのあるほくろ

くり抜き法による除去方法|鼻や口周辺のほくろにぴったり

メスでほくろ全体を円形にくり抜いて除去する方法です。

くり抜き法は、引っ張られてゆがみやすい鼻や口周辺のほくろ除去に適しています。

通院回数は1~2回です。

術後は患部を縫い合わせず、薬とテープで保護しながら自然に回復するのを待ちます。

ほくろの大きさによっては、くり抜いたところに巾着状に糸をかけ、傷口を小さくして保護する場合もありますよ。

傷跡がほとんど目立たなくなるまで半年程度かかるものの、再発のリスクが少ないのがメリットです。

施術時間 10分~30分
ダウンタイム ・1週間~2週間
・傷跡が目立たなくなるまでに半年程度
向いているほくろ 鼻や口周辺にあるほくろ

切開法(切除縫合法)による除去方法|大きいほくろや根の深いほくろに向いている

メスで皮膚を切ってほくろを除去する方法です。

根が深く大きいほくろは、切開法が向いています。

病理検査で悪性の疑いのあるほくろを発見できるのがメリットであり、再発の可能性が低いのも特徴です。

傷跡は目立ちやすいものの、上手い医師が縫合するときれいに治る可能性が高まります。

患部を保護するために、抜糸後も数ヶ月間テーピングをして過ごします。

施術時間 10分~30分
ダウンタイム ・抜糸まで1週間
・数ヶ月~半年ほどテーピング
向いているほくろ 根が深く大きいほくろ

ほくろ除去のリスクや副作用について

ほくろ除去には、以下のリスク・副作用があります。

治療方法 リスク 副作用
レーザー ・再発の可能性を否定できない
・がんを見逃すおそれがある
・患部のへこみが戻らない場合もある
・赤み
・内出血
・腫れ/むくみ
・かゆみ
・色素沈着
・ケロイド
・麻酔アレルギー
電気メス
くりぬき法 ・傷跡が目立ちやすい
・まれに傷跡が盛り上がったり凹んだままになる可能性
・まれに再発する可能性も否定できない
・赤み
・出血
・痛み
・腫れ/むくみ
・かゆみ
・色素沈着
・ケロイド
・麻酔アレルギー
切開法
(切除縫合法)
・傷跡が目立ちやすい
・まれに再発する可能性も否定できない

ほくろ除去では、治療に関する心配の他に、ほくろそのものにリスクが見受けられる場合があります。

種類によってはがん化しやすい、あるいはすでにがん化している悪性腫瘍があるのです。

左右非対称、周囲の皮膚との境目が曖昧なもの、いろんな色が混じったもの、大きさが変化するほくろには注意が必要です。

これらの症状がある場合は、早めに形成外科や皮膚科を受診しましょう。

ほくろ除去の料金の相場は?

1mmあたりの相場は以下の通りです。

治療方法 料金の相場
レーザー 3千円~1万円
電気メス 5千円~1万円
くり抜き法 1万円~1万5千円
切開法(切除縫合法) 1万円~2万円

ほくろ除去は、ほくろの数や大きさ、部位が多いほど費用がかかります。

なかには、一回の治療で複数のほくろが取れる定額プランを用意しているクリニックもありますよ。

クリニックによって設定料金が違うので、比較して決めるのがおすすめです。

保険適用|保険が適用になるほくろ除去

ほくろ除去は保険適用になるケースがあります。

その場合は、病理件検査の費用も合わせて1部位1万円ほどです。(保険3割負担の場合)

保険適用となるほくろは、“悪性腫瘍の疑いがあるもの”です。

また、マスクに引っ掛かったりヒゲ剃りをする時に痛かったりなど、日常生活に支障が出るほくろも対象となる場合があります。

全てのほくろが適用となるわけではなく、いずれも医師の判断で決まるので、しっかりと相談しましょう。

ほくろ除去後のテープについて

ほくろ除去後のテープについて

ほくろ除去後は、傷になっているため紫外線や雑菌にさらされないよう、通常はテープで保護します。

ほくろの種類や大きさにより、除去の方法が異なるため、施術後のテープ保護の方法も異なる場合があります。

テープの形状や貼る期間などによっては、外出に影響する可能性もあるので、あらかじめ知っておきたい点ですね。

ここからは、ほくろ除去後のテープについて気になる点を説明します。

何のためにテープを貼る?

テープを貼る理由はいくつかあります。

・紫外線を防ぎ、色素の沈着を防ぐ
・傷跡を保護し、雑菌などの感染を防ぐ

傷が治癒する際に盛り上がらないよう、抑える事や傷そのものを保護することが主な目的です。

跡が残らないようキレイに治すため、指示された期間中は保護テープをしっかりと貼っておくようにしましょう。

テープはいつまで貼れば良い?

テープを貼る期間は、治療内容や傷の治り状態によって異なりますが、通常は1~2週間程度指示をされることが多いようです。

また入浴時はテープが濡れる可能性が高い為、気になるところですが、自然に剥がれるまでは貼ったままが基本です。

テープと合わせて軟膏が処方されることもありますが、軟膏を塗った後は余計に剥がれやすくなるため、注意が必要ですよ。

剥がれたらまた新しいものを貼り直しましょう。

炭酸ガスレーザーによる除去方法の場合

炭酸ガスレーザーは、炭酸ガスでほくろを蒸発させ除去する方法で出血が少ない少ない傾向がみられます。

施術した医師の判断により、テープを貼る期間は1週間~1ヶ月程度までと様々です。

テープを貼る際は、そのままもしくは貼る前に軟膏を塗ったりしますが、いずれも基本的にはテープは貼ったまま過ごします。

医師の指示を無視してすぐに剥がしてしまったり、かさぶたを取ってしまったりすると、跡が残るトラブルの元です。

医師の指示には必ず従い、跡が残らないようしっかりとケアしましょう。

電気メスによる除去方法の場合

電気メスを使用し、ほくろを除去します。

施術後の傷口は軽くくり抜かれたような状態になるので、傷口には軟膏を塗って、テープを貼ります。

こちらもそのまま貼っておき、剥がれてきたら貼り替えましょう。

期間は、傷の深さや程度にもより異なりますが、2週間~1ヶ月程度になります。

切開法(切除縫合法)による除去方法の場合

切開法でのほくろ除去は、メスで周りの皮膚を切開し、ほくろ除去後は傷口を縫い合わせます。

そのため、出血量によってはガーゼを挟みテープ固定となる場合もありますよ。

また、テープは1~2週間程度ですが、場合によっては2~3カ月程度の間テープで保護する場合があります。

テープの期間が傷口の治り具合にもより異なるので、医師の指示に従いましょう。

テープの貼り替えのタイミングは?

テープを貼っていて、自然に剥がれてきてしまった場合は、すぐに新しいものに貼り替えましょう。

炭酸ガスレーザーや電気メスでほくろ除去をした直後は、傷口から『浸出液』と呼ばれる体液が傷を修復するために出続けます。

テープを貼っていると、この『浸出液』が溜まるため、2~3日程度はテープが膨らんできたら、新しいものに貼り替えます。

『浸出液』はすぐに溜まるので、1日に数回テープを交換することになるでしょう。

それ以外については、テープは剥がれるまで貼りっぱなしという事が多いですよ。

傷の状況によっても異なりますので、医師の指示に従いケアしましょう。

テープが剥がれてしまったときはどうする?

ほくろ除去後に貼るテープは、貼る前に軟膏などの塗り薬を塗る事が多いです。

クリームを塗るためテープが大変剝がれやすく、特に寝ている間に剥がれていたというケースが多いようです。

傷口を乾燥させてしまうと、跡が残ったり傷口が凹んでしまうこともあるため、テープは出来るだけ剥がれないようにしましょう。

顔を洗うときや、お風呂で取れてしまうこともあるので、テープの上から絆創膏を貼ったり、更にテープで補強したりすると良いですよ。

ほくろ除去を受けるときのクリニック選びのポイント

ほくろ除去を受けるときのクリニック選びのポイント

ここからは、実際にほくろ除去を受ける際のクリニック選びのポイントについて説明します。

ほくろ除去をする箇所として顔の施術を考えている人もいると思いますが、顔は特に傷や跡などを残したくないですよね。

そのため、自分のほくろに合った方法で除去してくれるクリニックを選びましょう。

クリニック選びに迷った際は、参考にしてみてくださいね。

やりたい施術方法で選ぶ

ほくろ除去の施術方法はいくつかあるので、内容を確認し自分のやりたい施術方法を選ぶのがおすすめです。

実際にほくろを取る場合、切除部分には一時的に傷ができる場合があります。

施術後の治療方法や注意点はそれぞれ異なりますが、まずは自分がやりたい施術方法を相談してみましょう。

ほくろの状態によっては、必ずしも自分の希望する施術方法にならない可能性もあります。

適切な施術方法は最終的には医師の判断となりますが、自分の希望する施術方法が行われているクリニックで相談してみましょう。

口コミや症例写真を見て選ぶ

クリニックの口コミや、症例写真を見て検討するのも良い方法です。

クリニックによっては、公式サイトなどに多数の症例写真を載せています

ほくろ除去後の状態や、テープで保護した一定時間経過後など、気になる点が写真で確認できるので分かりやすいですよね。

また、口コミサイトもクリニックのスタッフや施術の感想などを知ることができるので、参考になります。

事前にしっかり情報を集めて検討しましょう。

アフターケアや保証制度で選ぶ

施術後のアフターケアや保証制度があるかどうかも、検討する際の重要な点です。

ほくろは、状態によって異なるものの除去後に再発する可能性もあります。

また、跡が残るなどトラブルがないとは言いきれません。

そのため、あらかじめ保証制度を設けているクリニックがあります。

万が一の時に、保証制度を利用した再施術や、適切なアフターケアが受けられるか、カウンセリングの時などに確認するようにしましょう。

ほくろ除去がおすすめのクリニック8選!安い料金まとめ

ほくろ除去がおすすめのクリニック7選!安い料金まとめ

ここからは、ほくろ除去がおすすめのクリニックを8選紹介します。

同じ施術を受けるなら、できるだけ料金が安いほうがいいですよね。

料金や施術方法を含め、クリニックの特徴について紹介しますので、クリニック選びの参考にしてみてくださいね。

ロゴ TCB東京中央美容外科 東京美容外科 聖心美容クリニック シロノクリニック 水の森美容外科 はなふさ皮膚科 ザクリニック ルシアクリニック
クリニック名 TCB東京中央美容外科
※期間によってお得な
割引クーポンあり
東京美容外科 聖心美容クリニック シロノクリニック 水の森美容外科 はなふさ皮膚科 ザクリニック ルシアクリニック
料金 電気メスによる電気分解法
2mm以下 4,980円
※他メニューあり
切除縫合
1mmごと1回 8,800円
炭酸ガスレーザー
1mm
10,780円
※熱海院限定
Qスイッチルビーレーザー
炭酸ガスレーザー
直径1mm以内1個 11,000円~
直径7mm以上1個 88,000円
3mm未満
11,000円〜
5mm以上 22,000円
※他メニューあり
切除したほくろの直径
3mm 11,000円〜
20.1mm以上 55,000円
1mm 11,000円
基本セット
(消耗品・麻酔・内服薬)
55,000円
ホクロ除去(CO2レーザー)
1㎝未満・1ヵ所
1回 8,800円
※他メニューあり
こんな人に
おすすめ
安く受けたい人 種類を
選びたい人
大きさを
選びたい人
大きさを
選びたい人
大きさを
選びたい人
大きさを選
びたい人
大きさを
選びたい人
種類を
選びたい人
詳細 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト

TCB東京中央美容外科 |高品質な治療を低価格で受けられる

 4,980円~|東京中央美容外科【20,000円OFFクーポンあり・くりぬき法で安く綺麗に】

引用:TCB東京中央美容外科

クリニック名 TCB東京中央美容外科
※期間によってお得な割引クーポンあり
料金 電気メスによる電気分解法
2mm以下 4,980円
※他メニューあり
初回カウンセリング料 無料
麻酔料 表面麻酔もしくは局所麻酔
※料金詳細はクリニックに要確認
支払い方法 現金・デビットカード・
クレジットカード・スマホ決済・医療ローン
地図
詳細 公式サイト

TCB東京中央美容外科は、全国展開している大手の美容クリニックです。

各地に展開されているので、拠点数も多く最寄り駅からのアクセスも良好で通いやすいのがポイントです。

キャンペーンなども随時実施されており、LINEの友達登録で割引クーポンがもらえるなど、お得に施術を受けられますよ。

症例モデルも募集しており、モデル価格で施術を受けられる場合もあるので、チェックしてみてくださいね。

ほくろ除去の施術情報まとめ

TCB東京中央美容外科では、以下3種類の施術が可能です。

・レーザー治療
・くり抜き法
・電気分解法

施術後、万が一トラブルが発生した場合は、修正やケアを無料で行ってもらえるので心強いですね。

また、事前にWebやLINEで予約相談ができるので、ぜひ気軽にカウンセリングから始めてみましょう。

【TCB東京中央美容外科のおすすめポイント】

・日本形成外科学会専門医の資格をもつ医師が多数在籍している
・アフターサービスが充実している
・WebやLINEで気軽に予約や相談が出来る

TCB東京中央美容外科の公式サイトはこちら

東京美容外科|1万円以下で施術可能

東京美容外科

引用:東京美容外科

クリニック名 東京美容外科
料金 切除縫合
1mmごと1回 8,800円
初回カウンセリング料 無料
麻酔料 ※クリニックに要相談
支払い方法 現金一括・医療分割・
デビットカード・クレジットカード・
コード決済
グーグルマップ
詳細 公式サイト

東京美容外科は、全国展開されている美容クリニックです。

経験豊富な医師が揃っており、海外研修などで培ったレベルの高い治療を行っているのも大きなポイントです。

切除縫合は、1mmごと1回 8,800円と料金が分かりやすく設定されています。

また期間限定のキャンペーンもあり、お得に施術を受けることもできますよ。

キャンペーンを上手に利用しお得に治療を受けましょう。

ほくろ除去の施術情報まとめ

東京美容外科で実施しているメニューは、以下のとおりです。

・レーザー治療
・くり抜き法
・電気メスによる電気分解法

保証制度が充実しており、『術後安心保障』が設けられているので、万が一の際にも安心です。

無料のメール相談やLINE予約で特典もあるので、ぜひ利用してみましょう。

【東京美容外科のおすすめポイント】

・患者に合った適切な施術法を提案してくれる
・料金が明確になっている
・術後安心保障制度が設けられている

東京美容外科の公式サイトはこちら

聖心美容クリニック|1mmごとのサイズで料金が決まる

聖心美容クリニック

引用:聖心美容クリニック

クリニック名 聖心美容クリニック
料金 炭酸ガスレーザー
1mm
10,780円
※熱海院限定
初回カウンセリング料 無料
麻酔料 局所麻酔
※料金詳細はクリニックに要相談
支払い方法 現金・クレジットカード・デビットカード・
QRコード・医療ローン
グーグルマップ
詳細 公式サイト

聖心美容クリニックは、美容医療の「かかりつけ」を目指し、何かあればすぐに相談できるのが特徴のクリニックです。

通院時の待合席は個室または半個室となっており、プライバシーに配慮されている点が嬉しいですね。

施術後の経過観察も医師が無料で行ってくれるので安心して施術を受けられます。

ほくろ除去の施術情報まとめ

聖心美容クリニックのほくろ除去メニューは、以下の3種類です。

・電気凝固法
・切除法
・炭酸ガスレーザー

料金設定は、ほくろの大きさ1㎜毎に細かく設定されているので、分かりやすいのが特徴です。

また、担当医師が事前にほくろの状態をしっかりと確認したうえで、状態に合った方法を教えてくれますよ。

不明な点や心配な点は、カウンセリング時に何でも相談してみましょう。

【聖心美容クリニックのおすすめポイント】

・料金設定が明確でわかりやすい
・カウンセリング時に、医師が適切な施術方法を提案してくれる
・万が一に備え、保証制度が設けられている

聖心美容クリニックの公式サイトはこちら

水の森美容外科|10個以上の場合は個数関係なく一律料金

水の森美容外科

引用:水の森美容外科

クリニック名 水の森美容外科
料金 3mm未満11,000円〜5mm以上 22,000円
※他メニューあり
初回カウンセリング料 無料
麻酔料 ※クリニックに要相談
支払い方法 現金・クレジットカード・医療ローン
グーグルマップ
詳細 公式サイト

水の森美容外科は、全国に5院展開されており、様々な美容診療からホームケアまで幅広く取り扱っているのがポイントです。

事前のカウンセリングは、30分たっぷりと時間を取って患者の悩みを聞いてくれるで、安心して受診できます。

医師からの説明も、分かりやすく丁寧に実施しているので、分からないこともすぐ解決できますね。

院はしっかりとした理念のもと、スタッフ教育にも尽力しているので院の雰囲気も良く落ち着いて施術できます。

ほとんどが駅から近く好アクセスな立地にあり、通いやすいのもポイントです。

ほくろ除去の施術情報まとめ

水の森美容外科は、料金が明確で分かりやすい価格設定となっています。

大きさ毎に細かく分かれますが、ほくろを10個以上除去する場合は、一律料金となるためかなりお得に施術できますよ。

施術法の詳細については、事前に直接問い合わせてみましょう。

【水の森美容外科のおすすめポイント】

・医師を含めたスタッフが、患者の立場になって提案してくれる
・カウンセリングはしっかり時間をとって悩みを聞いてくれる
・カウンセリング前のメール相談ができる

水の森美容外科の公式サイトはこちら

はなふさ皮膚科|施術方法やサイズを細かく選べる

はなふさ皮膚科

引用:はなふさ皮膚科

クリニック名 はなふさ皮膚科
料金 切除したほくろの直径
3mm 11,000円〜
20.1mm以上 55,000円
初回カウンセリング料 ※詳細は要確認
麻酔料 局所麻酔
※料金詳細はクリニックに要相談
支払い方法 現金
グーグルマップ
詳細 公式サイト

はなふさ皮膚科は、都内を中心に埼玉県などにクリニックを展開しています。

どの院も、最寄り駅から徒歩5分以内の好アクセスな立地なので、通いやすいですね。

ほくろ除去の施術方法は選ぶ事が可能で、大きさによって料金が細かく設定されているのが大きな特徴です。

また、厚労省に認定された専門医が多数在籍しており、患者の悩みに寄り添ってくれるクリニックですよ。

ぜひ気軽に相談してみましょう。

ほくろ除去の施術情報まとめ

はなふさ皮膚科では、以下の2種類から施術法の選択ができます。

・炭酸ガスレーザー
・手術療法

患者との、カウンセリングを大切にしているので、不安な点や疑問点などは事前にしっかり確認するのがおすすめですよ。

状態により異なりますが、複数あるほくろも場合によっては施術可能なので、ほくろが多い人はぜひ一度相談してみましょう。

【はなふさ皮膚科のおすすめポイント】

・カウンセリングを大切にしていて、悩みを相談しやすい
・痛みに配慮した施術をしてくれる
・患者に寄り添った対応をしてくれる

はなふさ皮膚科の公式サイトはこちら

シロノクリニック|安心の5年保証付き

11,000円~|シロノクリニック横浜院【再発しても5年間保証・女性院長ならではの居心地】

引用:シロノクリニック

クリニック名 シロノクリニック
料金 Qスイッチルビーレーザー
炭酸ガスレーザー
直径1mm以内1個 11,000円~
直径7mm以上1個 88,000円
初回カウンセリング料 3,300円
麻酔料 麻酔料1,100円~
※料金詳細はクリニックに要確認
支払い方法 現金・クレジットカード・医療ローン
グーグルマップ
詳細 公式サイト

レーザー治療・エイジングケア専門のシロノクリニックは、常に患者の要望に合った治療を提供してくれる点が特徴です。

ほくろ除去に関しては、複数のレーザーを使用しており、患者のほくろの状態を診ながら丁寧な方法で除去していきます。

患者の立場に立ち、出来る限り、肌に凹みなどの跡を残さないよう配慮してくれますよ。

ほくろ除去の施術情報まとめ

シロノクリニックは、以下の施術が可能です。

・スイッチルビーレーザー
・炭酸ガスレーザー

レーザー治療は、痛みも少なく、複数回に分けた施術により跡を残さないよう治療できる点が嬉しいですね。

1回で取り切れる場合もありますが、状態によって異なるため、比較的時間のある方におすすめです。

【シロノクリニックのおすすめポイント】

・『跡が残らないように消す』をモットーとし、丁寧な施術を行っている
・ほくろの再発があった場合は、申し込み不要で再手術を実施してくれる(※治療開始より5年間)
・レーザー施術がメインのため、切開法に抵抗がある人におすすめできる

シロノクリニックの公式サイトはこちら

ザクリニック|アフターケアもセットになる

ザクリニックTOP

引用:ザクリニック

クリニック名 ザクリニック
料金 1mm 11,000円
基本セット(消耗品・麻酔・内服薬)
55,000円
初回カウンセリング料 無料
麻酔料 基本セットは麻酔込み
※その他料金詳細はクリニックに要相談
支払い方法 現金・デビットカード・クレジットカード・医療ローン
グーグルマップ
詳細 公式サイト

ザクリニックは、全国5拠点で展開しており、開業から15年の歴史がある美容外科クリニックです。

脂肪吸引や注入が専門ですが、手術の経験豊富な医師が多数在籍しており、肌やほくろの悩みも相談しやすいですよ。

また、ザクリニックで特徴的なのは、施術の料金体系です。

ほくろ除去の施術では、麻酔や内服薬など全て込みのセット価格が提示されており、料金が事前に分かりやすくなっています。

施術に関する相談は、全て担当医師が対応してくれるので、不安な点など事前に相談してみましょう。

ほくろ除去の施術情報まとめ

ザクリニックの施術方法は、以下2種類となっておりほくろの大きさによって施術方法が異なります。

・電気凝固法
・切開法

ほくろを切開しないと取り切れない場合は、縫合することになります。

傷口を縫合する場合は、後日抜糸などが必要になる可能性があるので、事前カウンセリングの際に施術方法を確認しておきましょう。

【ザクリニックのおすすめポイント】

・事前カウンセリングの時間をしっかり確保してくれる
・院内のつくりが、プライバシーの配慮が徹底されている
・施術後は、長期の保証制度が設けられている

ザクリニックの公式サイトはこちら

ルシアクリニック|効果が現れない場合は有料で再照射も可能

ルシアクリニック

引用:ルシアクリニック

クリニック名 ルシアクリニック
料金 ホクロ除去(CO2レーザー)
1㎝未満・1ヵ所
1回 8,800円
※他メニューあり
初回カウンセリング料 無料
麻酔料 ※クリニックに要相談
支払い方法 現金・クレジットカード・医療ローン
グーグルマップ
詳細 公式サイト

全国に14院展開しているルシアクリニックは、気軽に利用できる料金設定が魅力のクリニックです。

患者のための『美容のかかりつけ医』をめざした取り組みを徹底しているのが特徴です。

公式HP内で多数の症例写真や、具体的な費用やリスク・副作用も細かく説明されているので、初心者にも分かりやすいですよ。

無料のカウンセリングは、自分の都合に合わせてWebからの予約が可能なので便利です。

ほくろ除去の施術情報まとめ

ルシアクリニックの施術法は、以下2種類でシンプルな施術メニューとなっています。

・炭酸ガスレーザー
・切開法

基本的に炭酸ガスレーザー除去し、大きいほくろなどは切開法を採用しているのが特徴です。

【ルシアクリニックのおすすめポイント】

・医師がきさくで話やすいため悩みを相談しやすい
・患者の除隊に合わせて効果的な治療を行ってくれる
・料金設定が安価で利用しやすい

ルシアクリニックの公式サイトはこちら

ほくろ除去を受けたい人が知っておきたいQ&A

ほくろ除去を受けたい人が知っておきたいQ&A

ここからは、ほくろ除去を受ける際の疑問点についてお答えします。

ほくろは比較的小さいものが多いので、広範囲な施術ではありませんが、皮膚から除去するので小さいことでも気になりますよね。

実際に施術を検討している人は、参考にしてくださいね。

1回できちんと取れる?

ほくろの除去は、いくつか方法がありますが、ほくろが深く一度の施術で取り切れない場合は、再発する可能性があります。

特に、レーザーで除去する場合はメラニン色素が奥深くに残る場合があり、再発の可能性が高くなる場合もあります。

対して切開術でほくろ除去を行った場合は、大抵の場合は取り切れるケースが多くみられるようです。

ただし、切開術は縫合するため、ダウンタイムはレーザーと比較すると長く、傷が残る可能性もあります。

どちらもメリットデメリットがありますので、ほくろの状態と何を優先するかを相談してみましょう。

保険適用されるのはどんな人?

ほくろ除去は、自費診療の場合と保険適用される場合があります。

保険が適用となるほくろは、主にそのほくろが悪性の可能性があるケースです。

悪性の場合は、医師の診断によって判明しますので、医学的な治療が必要になった場合は保険適用となります。

通常の美容目的のほくろ除去は、保険は適用されず自費診療となります。

ほくろが再発することはある?

ほくろは、表面だけだなく根が深いほくろもあります。

根の深いほくろになると、施術方法によっては色素細胞を一度で取り切れないこともあり、再発する場合があります。

ほくろができる要因は、体質や外的要因、生活習慣など様々です。

もし施術後の再発が心配な時は、クリニックでのカウンセリング時に、医師に相談してみましょう。

ほくろ除去後のテープについて気になる人は、クリニックに相談しましょう

ほくろ除去後のテープについて気になる人は、クリニックに相談しましょう

ここまで、ほくろ除去におすすめのクリニックを紹介しました。

ほくろ除去は少なからず肌に傷をつけるため、傷の保護や治癒を促す意味で、テープを貼ります。

ただし、テープで保護する期間は、施術方法そのものや傷自体の治り具合により異なります。

顔のほくろ除去後のテープは、顔を洗ったり化粧をしたりする時にも、何かと気になってしまいますよね。

ただし、自己判断でむやみに剥がしてしまったりすると、傷が治りにくく跡が残るなどのリスクがあります。

施術後の処置は必ず医師の指示に従い、跡の残らない美しい肌をめざしましょう。

ほくろ除去についてもっと知りたい方はこちらの記事もおすすめです。

痩身エステNavi

【どっち?】顔のほくろ除去は皮膚科と美容外科どっちに行くべき?値段が安くて後悔しないほくろ取りのおすすめ選択肢
ほくろ除去は皮膚科と美容外科どっちに行くべきか?あなたが顔にあるほくろをコンプレックスに感じているなら、傷跡目立たず仕上がりきれいな美容外科のほくろ除去がおすすめです。 美容外科は自由診療ですが、じつは安くほくろを除去で

 

※アフィリエイト広告を含んでいます。