ほくろ除去のくり抜き法とは?|ほくろ除去がおすすめのクリニック5選・効果やリスクも紹介![2024年2月版]

ほくろ除去のくり抜き法とは?|ほくろ除去がおすすめのクリニック5選・効果やリスクも紹介![2024年2月版] ほくろ除去

【2024年2月最新情報】「気になるほくろをなるべくなくしたい」「ほくろのせいで自信が持てない」と悩んでいる方は必見の記事内容です。

この記事では、ほくろ除去のくり抜き法やクリニックの選び方、おすすめのクリニックを厳選させていただきました。

ほくろ除去のくり抜き法に興味がある方や治療を検討している方は、ぜひ最後までご覧ください。

\ ほくろ除去のくり抜き法がおすすめのクリニック /
クリニックロゴ TCB東京中央美容外科 東京美容外科 聖心美容クリニック
クリニック名 TCB 東京中央美容外科
※期間によって
お得な割引
クーポンあり
東京美容外科 聖心美容クリニック
最低料金 電気メスによる
電気分解法
2mm以下 4,980円
アブレーション
1mmごと1回 5,500円
※別途薬代が
必要な場合あり
電気凝固法
1mm 10,780円
※その他メニューあり
こんな方に
おすすめ
安く受けたい方 施術の種類を
選びたい方
ほくろの大きさで
施術を選びたい方
詳細 公式サイト 公式サイト 公式サイト

※本記事で紹介するほくろ除去は、基本的には公的医療保険が適用されない自由診療です。悪性腫瘍やメラノーマだと診断された際などは保険適用となる場合があります。

なおこの記事は、ほくろ除去の専門家に医学的知識の監修協力をいただきながら作成しました。
※個別のクリニックの掲載箇所や比較表の箇所は除く。
花房医師

 この記事の監修医師: 花房 火月 医師 

2006年東京大学医学部医学科卒業後、がん研有明病院東京大学医学部附属病院NTT東日本関東病院などでの研修を経て、東京大学医学部附属病院皮膚科・皮膚光線レーザー科・助教。 2011年に三鷹はなふさ皮膚科を開設。

  1. ほくろ除去とは?|治療法や注意点を解説
    1. ほくろ除去の方法は4種類
      1. 炭酸ガスレーザーによる除去方法|施術時間が短くダウンタイムもほとんどない
      2. 電気メスによる除去方法|膨らんだほくろにおすすめ
      3. くり抜き法による除去方法|鼻や口周辺のほくろにぴったり
      4. 切開法(切除縫合法)による除去方法|大きいほくろや根の深いほくろに向いている
    2. ほくろ除去のリスクや副作用について
    3. ほくろ除去の料金の相場は?
      1. 保険適用|保険が適用になるほくろ除去
  2. ほくろ除去のくり抜き法とは?
    1. くり抜き法は小さいほくろにおすすめ
  3. ほくろ除去を受けるときのクリニックの選び方
    1. やりたい施術方法で選ぶ
    2. 口コミや症例写真を見て選ぶ
    3. アフターケアや保証制度で選ぶ
  4. ほくろ除去がおすすめの人気クリニック5選!料金・施術情報まとめ
    1. TCB東京中央美容外科 |期間によってはお得な割引クーポンがある
      1. ほくろ除去の施術情報まとめ
    2. 東京美容外科|切除縫合は1万円以下から
      1. ほくろ除去の施術情報まとめ
    3. 聖心美容クリニック|3種類の施術方法から選べる
      1. ほくろ除去の施術情報まとめ
    4. シロノクリニック|ほくろのサイズによって細かく料金が分かれている
      1. ほくろ除去の施術情報まとめ
    5. はなふさ皮膚科|ほくろの状態に合った施術を提案してくれる
      1. ほくろ除去の施術情報まとめ
  5. ほくろ除去を受けたい方が知っておきたいQ&A
    1. 1回の施術できちんと取れる?
    2. 保険適用されるのはどんな人?
    3. ほくろが再発することはある?
  6. ほくろ除去のくり抜き方法が気になる方は、まずカウンセリングで相談しましょう

ほくろ除去とは?|治療法や注意点を解説

ほくろ除去とは?|治療法や注意点を解説

ほくろ除去とは、医療技術を用いてほくろを取り除く治療です。

治療方法やリスク、料金の相場を詳しく見ていきましょう。

花房医師

ほくろは見た目の印象を変えるだけでなく、悪性腫瘍の可能性もあります。気になるほくろがある人は、早めに相談してみることをおすすめします。

ほくろ除去の方法は4種類

ほくろ除去の方法は、レーザー・電気メス・くり抜き法・切開法(切除縫合法)の4つです。

ほくろの大きさや深さ、種類などを診察して適切な方法で取り除きます。

各治療法の特徴やメリットを解説しますね。

炭酸ガスレーザーによる除去方法|施術時間が短くダウンタイムもほとんどない

炭酸ガスレーザー治療とは、レーザーでほくろを焼いて取る方法です。

この方法は、顔や首の小さいほくろ除去に向いています。

炭酸ガスレーザーは、痛みがほとんどなく傷跡も目立ちにくいといった特徴があります。

施術時間が短く抜糸の必要もないので、1~2回の通院で簡単にできるのもメリットですよ。

ダウンタイム中は、患部に薬を付け保護シールを貼って1週間~2週間様子見します。

適切なケアをしないと傷がくぼんだままになる場合があるので、クリニックの指示に従って過ごしましょう。

施術時間 5分〜30分
ダウンタイム 1週間~2週間
向いているほくろ 顔や首の小さいほくろ

電気メスによる除去方法|膨らんだほくろにおすすめ

電気メスの熱でほくろを焼いて除去する方法です。

5mm程度の大きさのほくろや、膨らみのあるほくろに向いています。

診察と施術合わせて1~2回の通院で治療ができ、傷跡が目立ちにくいのが特徴です。

ダウンタイムはテープを貼って患部を保護し、正しいケアをして過ごしましょう。

術後は少しくぼみができる可能性があるものの、時間の経過とともに平らな状態に戻り、まわりに馴染んでいきます。

施術時間 5分~30分
ダウンタイム 2週間~3週間
向いているほくろ 5mm程度のほくろ・膨らみのあるほくろ

くり抜き法による除去方法|鼻や口周辺のほくろにぴったり

メスでほくろ全体を円形にくり抜いて除去する方法です。

くり抜き法は、引っ張られてゆがみやすい鼻や口周辺のほくろ除去に適しています。

通院回数は1~2回です。

術後は患部を縫い合わせず、薬とテープで保護しながら自然に回復するのを待ちます。

ほくろの大きさによっては、くり抜いたところに巾着状に糸をかけ、傷口を小さくして保護する場合もありますよ。

傷跡がほとんど目立たなくなるまで半年程度かかるものの、再発のリスクが少ないのがメリットです。

施術時間 10分~30分
ダウンタイム ・1週間~2週間
・傷跡が目立たなくなるまでに半年程度
向いているほくろ 鼻や口周辺にあるほくろ

切開法(切除縫合法)による除去方法|大きいほくろや根の深いほくろに向いている

メスで皮膚を切ってほくろを除去する方法です。

根が深く大きいほくろは、切開法が向いています。

病理検査で悪性の疑いのあるほくろを発見できるのがメリットであり、再発の可能性が低いのも特徴です。

傷跡は目立ちやすいものの、上手い医師が縫合するときれいに治る可能性が高まります。

患部を保護するために、抜糸後も数ヵ月間テーピングをして過ごします。

施術時間 10分~30分
ダウンタイム 抜糸まで1週間
数ヵ月~半年ほどテーピング
向いているほくろ 根が深く大きいほくろ

ほくろ除去のリスクや副作用について

ほくろ除去には、以下のリスク・副作用があります。

治療方法 リスク 副作用
レーザー ・再発の可能性を否定できない
・がんを見逃すおそれがある
・患部のへこみが戻らない場合もある
・赤み
・内出血
・腫れ/むくみ
・かゆみ
・色素沈着
・ケロイド
・麻酔アレルギー
電気メス
くりぬき法 ・傷跡が目立ちやすい
・まれに傷跡が盛り上がったり凹んだままになる可能性がある
・まれに再発する可能性も否定できない
・赤み
・出血
・痛み
・腫れ/むくみ
・かゆみ
・色素沈着
・ケロイド
・麻酔アレルギー
切開法
(切除縫合法)
・傷跡が目立ちやすい
・まれに再発する可能性も否定できない

ほくろ除去では、治療に関する心配の他に、ほくろそのものにリスクが見受けられる場合があります。

種類によってはがん化しやすい、あるいはすでにがん化している悪性腫瘍があるのです。

左右非対称、周囲の皮膚との境目が曖昧もの、いろんな色が混じったもの、大きさが変化するほくろには注意が必要です。

これらの症状がある場合は、早めに形成外科や皮膚科を受診しましょう。

ほくろ除去の料金の相場は?

1mmあたりの相場は以下の通りです。

治療方法 料金の相場
レーザー 3千円~1万円
電気メス 5千円~1万円
くり抜き法 1万円~1万5千円
切開法(切除縫合法) 1万円~2万円

ほくろ除去は、ほくろの数や大きさ、部位が多いほど費用がかかります。

なかには、一回の治療で複数のほくろが取れる定額プランを用意しているクリニックもありますよ。

クリニックによって設定料金が違うので、比較して決めるのがおすすめです。

保険適用|保険が適用になるほくろ除去

ほくろ除去は保険適用になるケースがあります。

その場合は、病理件検査の費用も合わせて1部位1万円ほどです。(保険3割負担の場合)

保険適用となるほくろは、“悪性腫瘍の疑いがあるもの”です。

また、マスクに引っ掛かったりヒゲ剃りをする時に痛かったりなど、日常生活に支障が出るほくろも対象となる場合があります。

全てのほくろが適用となるわけではなく、いずれも医師の判断で決まるので、しっかりと相談しましょう。

ほくろ除去のくり抜き法とは?

ほくろ除去のくり抜き法とは?

ここでは、ほくろ除去の治療方法の一つであるくり抜き法についてご紹介します。

くり抜き法とは、専用機器を使い、ほくろ全体をくり抜いて除去する方法です。

メリットとしては、再発の可能性が比較的低いことや抜糸が必要ないことが挙げられます。

くり抜き法は小さいほくろにおすすめ

くり抜き法は、大きさが5mm以下のほくろにおすすめの治療方法です。

一般的には皮膚に開いた穴を縫合はせず、2〜3週間ほどかけて自然治癒するのを待ちます。

“くり抜く”という言葉に驚く方もいるかもしれませんが、出血がなければ翌日からメイクやシャワーが可能です。

施術の傷跡は、半年程度で徐々に目立たなくなっていきます。

レーザーや電気メスよりは傷跡が目立ってしまう可能性があるので、小さいほくろにおすすめの施術です。

ほくろ除去を受けるときのクリニックの選び方

ほくろ除去を受けるときのクリニックの選び方

ほくろ除去でくり抜き法を選ぶ場合は顔にメスを入れるため、クリニック選びは慎重に行いたいですよね。

また、くり抜き法以外の施術を検討している方もいるかもしれません。

しかし、クリニックの数が多く、悩んでしまう方もいるはずです。

ここでは、ほくろ除去の施術を受けるクリニックの選び方を、以下の3つのポイントでお伝えします。

やりたい施術方法で選ぶ

レーザー・電気メス・くり抜き法・切開法(切除縫合法)の4つの施術方法から、自分に合った施術を選びましょう。

施術によるメリットとデメリットを簡単にまとめてみました。

施術方法 メリット デメリット
レーザー・電気メス ほくろの表面を除去するため、傷跡が目立ちにくい 再発の可能性がある
くり抜き法・切開法 ほくろを根本から切除するため、再発の可能性が低い 傷跡が目立ちやすい

それぞれのメリットとデメリットを踏まえて、自分がやりたい施術を選ぶことが重要ですよ。

クリニックによって扱う施術の種類も異なるので、やりたい施術が決まっている方はあらかじめ確認しましょう。

口コミや症例写真を見て選ぶ

ほくろ除去を検討する際は、クリニックの口コミや症例写真を確認することも大切です。

特に、メスを使った施術では医師の技術によって、出来栄えが大きく左右されます。

クリニックの公式サイトに症例写真が載っていることもあるので、ぜひ確認してみてください。

口コミや症例写真を事前に確認することで、実際に施術をした際のギャップも少なくて済みますよ。

アフターケアや保証制度で選ぶ

ほくろ除去においては、1回で完璧にほくろを根絶できるという施術はありません。

どの施術方法でも、再発の可能性を完全には否定できないため、アフターケアや保証制度は非常に重要です。

クリニックによっては、再発した場合は無料で治療してくれるところもあります。

万が一の際にトラブルにならないように、どんな保証制度があるのか事前にしっかり確認しましょう。

ほくろ除去がおすすめの人気クリニック5選!料金・施術情報まとめ

ほくろ除去がおすすめの人気クリニック5選!料金・施術情報まとめ

ここでは、ほくろ除去がおすすめのクリニック6院をご紹介します。

クリニックごとに施術方法や料金プランが異なるため、施術の種類やどんな方におすすめのクリニックかを一覧でまとめています。

ぜひクリニック選びの参考にしてみてください。

ロゴ TCB東京中央美容外科 東京美容外科 聖心美容クリニック シロノクリニック はなふさ皮膚科
クリニック名 TCB 東京中央美容外科
※期間によって
お得な割引
クーポンあり
東京美容外科 聖心美容クリニック シロノクリニック はなふさ皮膚科
料金 電気メスによる
電気分解法
2mm以下 4,980円〜
6mm以下 10,200円

※その他メニューあり
アブレーション
1mmごと1回 5,500円
※別途薬代が必要な場合あり
※その他メニューあり
電気凝固法
1mm 10,780円
※その他メニューあり
Qスイッチルビーレーザー
炭酸ガスレーザー(1回)
直径1mm以内1個 11,000円~
直径7mm以上1個 88,000円
切除
3mm以上 11,000円〜
20.1mm以上 55,000円
※その他メニューあり
こんな方に
おすすめ
安く
受けたい方
ほくろの大きさで
施術を選びたい方
ほくろの大きさで
施術を選びたい方
施術の種類を
選びたい方
施術の種類を
選びたい方
詳細 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト

TCB東京中央美容外科 |期間によってはお得な割引クーポンがある

TCB東京中央美容外科

出典:TCB 東京中央美容外科

クリニック名 TCB 東京中央美容外科
※期間によってお得な割引クーポンあり
料金 電気メスによる電気分解法
2mm以下 4,980円〜
6mm以下 10,200円

※その他メニューあり
麻酔料金 施術料金に局所麻酔代が含まれる
初回カウンセリング料 無料
支払い方法 現金、デビット、クレジットカード
医療ローン、スマホ決済(QRコード決済)等
詳細 公式サイト
★★★★★
当日電話予約、4cmの隆起あり顔のほくろ除去にて利用。 終始満足かつ安心できるご対応をいただき、TCBさんを選んでよかったと思いました。
(一部抜粋)

出典:Googlemap

★★★★★
カウンセリングも丁寧に行なっていただき、安心して施術が行えました。アフターケアもしっかりしていて良かったです。
(一部抜粋)

出典:Googlemap

TCB 東京中央美容外科は、リーズナブルな料金で人気の大手クリニックです。

公式LINEの友だち登録で毎週お得な情報をGETすることが可能なので、ぜひ登録してみましょう。

高額になりがちな美容医療でも、学生割引などを利用することでリーズナブルに施術が受けられます。

さらに、症例モデルのモニターを利用すれば、モニター価格でよりお得に施術が可能です。

このように、お得な割引制度が充実しているため、コストを抑えて施術したい方におすすめの美容クリニックといえます。

ほくろ除去の施術情報まとめ

TCB東京中央美容外科では、レーザー※・電気メス・切開法・くり抜き法と、4つの治療方法が揃っています。

治療方法が豊富なため、希望に合わせて適切な治療方法を提案してもらえます。

治療方法を迷っているという方は、無料カウンセリングで医師のアドバイスを聞きながら決めましょう。

また、電気メスが2mm以下4,980円から治療できるリーズナブルさも魅力的です。

アフターフォローも充実しており、術後の不安な点や仕上がりについて、いつでも相談することもできますよ。

※レーザーは新宿三丁目院のみの取り扱いです。

TCB東京中央美容外科のおすすめポイント

  • リーズナブルな価格で気軽に施術ができる
  • 治療方法が豊富で希望に合った施術を提案してくれる
  • 術後のアフターフォローも充実している

学生の方にも嬉しい、リーズナブルな料金が最大の魅力と言えます。

東京中央美容外科は全国に80院展開しており、どの院も最寄りからアクセスが良く、通いやすいクリニックです。

術後のアフターフォローも整っているので、美容医療が初めてという方も不安なく施術が受けられますね。

TCB 東京中央美容外科 公式サイト

東京美容外科|切除縫合は1万円以下から

東京美容外科

出典:東京美容外科

クリニック名 東京美容外科
料金 アブレーション
1mmごと1回 5,500円
※別途薬代が必要な場合あり
※その他メニューあり
麻酔料金 局所麻酔 3,300円
※他メニューあり
初回カウンセリング料 無料
支払い方法 現金一括・医療分割・デビットカード
クレジットカード・コード決済
詳細 公式サイト

東京美容外科は全国に18院を展開する美容クリニックです。

美容先進国である韓国のクリニックと技術提携するなど、積極的に先進的な美容医療を追求しています。

無料メール相談や無料カウンセリングなど、美容医療が初めての方も不安にならないような制度が整っていますよ。

また、通院不要のWEBカウンセリングを行なっており、医師の指名も可能です。

ほくろ除去の施術情報まとめ

東京美容外科では電気メス(アブレーション)と切開法の2種類の治療方法があります。

このクリニックでは、10年以上の経験や学会の認定など、厳しい基準を満たした医師しかメスを握ることができません。

大きなほくろを除去する際も、熟練の医師が施術するので、髪の毛1本くらいの小さな傷跡で済むことが期待できます。

切開する際も顔のシワに沿ってメスを入れてもらえるので、大きなほくろに悩んでいる方におすすめしたいクリニックです。

さらに、ほくろ除去の切開法のようにメスを入れる施術では、無期限の『術後安心保証』が受けられます。

術後どのようなトラブルがあっても、一生涯対応してもらえるので、初めての方も不安なく施術が受けられますね。

東京美容外科のおすすめポイント

  • メスを使った施術には一生涯の『術後安心保証』がある
  • 納得がいくまで何度でも無料カウンセリングが受けられる
  • 料金がわかりやすく明瞭で信頼できる

施術が初めてという方は、一度のカウンセリングで医師の説明が理解できるかも不安ですよね。

東京美容外科では費用やリスクなどについて、納得いくまで何度でも無料カウンセリングを受けられます。

またWEBカウンセリングやLINEで通院予約ができるのも嬉しいポイントです。

東京美容外科 公式サイト

聖心美容クリニック|3種類の施術方法から選べる

聖心美容クリニック

出典:聖心美容クリニック

クリニック名 聖心美容クリニック
料金 電気凝固法
1mm 10,780円
※その他メニューあり
麻酔料金 施術料金に局所麻酔代が含まれる
初回カウンセリング料 無料
支払い方法 現金・クレジットカード
電子マネー・医療ローン
詳細 公式サイト

聖心美容クリニックは開院から25年の歴史を持つ美容クリニックです。

プライバシーに特に配慮したクリニックで、通院時にほかの方と顔を合わせることがないよう工夫がされています。

また、カウンセリングもスタッフではなく医師が行うので、悩みや希望をしっかり聞いてもらえますよ。

ほかのクリニックで満足いく結果が得られなかった方にもおすすめのクリニックです。

ほくろ除去の施術情報まとめ

聖心美容クリニックでは電気メス・レーザー・切開法の3種類の治療方法が用意されています。

ほくろの盛り上がりや大きさによって、医師の判断で治療方法を提案しています。

術前にパソコンでイメージシュミレーションを行うことも可能なので、理想の仕上がりとの乖離を防ぐことができますよ。

さらに、術後24時間以内はいつでも無料で連絡できる『24時間緊急サポート』というアフターサービスがあります。

安静が必要な手術後に、いつでもクリニックに連絡が取れる安心感があるのは嬉しいですよね。

聖心美容クリニックのおすすめポイント

  • プライバシーに配慮した予約システム
  • 医師による丁寧なカウンセリングが受けられる
  • 4つの術後対応で充実したアフターフォロー

アフターフォローが充実しており、術後24時間緊急サポートが受けられるというのが聖心美容クリニックの特徴です。

また、2021年からは医師による無料オンラインカウンセリングも開始されました。

忙しい方や美容クリニックへの通院にハードルを感じる方でも、気軽にカウンセリングが受けられますよ。

聖心美容クリニック 公式サイト

シロノクリニック|ほくろのサイズによって細かく料金が分かれている

シロノクリニック

出典:シロノクリニック

クリニック名 シロノクリニック
料金 Qスイッチルビーレーザー
炭酸ガスレーザー(1回)
直径1mm以内1個 11,000円~
直径7mm以上1個 88,000円
麻酔料金 麻酔料1,100円~
※料金詳細はクリニックに要確認
初回カウンセリング料 無料
支払い方法 現金・クレジットカード・医療ローン
詳細 公式サイト

シロノクリニックは、メディカルコスメの『ドクターシーラボ』でもお馴染みの美容皮膚科です。

レーザー治療に特化したクリニックとして、25年以上の歴史を持っています。

特にレーザー治療では世界最大規模の専門クリニックとして、一人ひとりに合わせた治療をコンセプトにしています。

多数の美容クリニックがある中でも、このように得意な分野を明確に示してもらえると信頼できますね。

ほくろ除去の施術情報まとめ

シロノクリニックでは、跡を残さない”をモットーに、治療はレーザーのみで行います。

『炭酸ガスレーザー』と『Qスイッチルビーレーザー』の2種類のレーザーを、ほくろの形や大きさによって使い分けて施術します。

跡が残らないように、大きなほくろは数回に分けて徐々に取り除いてもらえますよ。

さらに、ほくろが再発してしまった場合も、術後5年間は無料で治療できる『5年保証制度』があります。

凹みや傷跡が心配という方や、メスを使った手術を避けたい方にもおすすめできるクリニックです。

シロノクリニックのおすすめポイント

  • 『5年保証制度』で再発しても無料で治療を受けられる
  • 複数のレーザーを使用して丁寧に施術してもらえる
  • LINEから気軽に通院予約できる

シロノクリニックの保証制度は別途申し込みが必要ないので、気軽に再治療できるのが嬉しいですね。

レーザー治療を得意とする美容クリニックなので、ほくろ除去をレーザーで治療しようと考えている方におすすめですよ。

シロノクリニック 公式サイト

はなふさ皮膚科|ほくろの状態に合った施術を提案してくれる

はなふさ皮膚科

出典:はなふさ皮膚科

クリニック名 はなふさ皮膚科
料金 切除
3mm以上 16,500円〜
20.1mm以上 55,000円
※その他メニューあり
麻酔料金 局所麻酔
※料金詳細はクリニックに要確認
初回カウンセリング料 ※詳細は要確認
支払い方法 現金・クレジットカード
電子マネー・医療ローン
詳細 公式サイト

はなふさ皮膚科は、東京を中心として首都圏に8院を展開する美容皮膚科です。

開業以来、美容皮膚科と同時に一般的な皮膚疾患の治療もおこなっています。

形成外科医のほかに皮膚科専門医も多数在籍しており、肌の悩みに寄り添ってくれるクリニックですよ。

また、理事長の花房医師は、その功績で『アジアの次世代を担うリーダー100人』に選出されたこともある皮膚科専門医です。

ほくろ除去の施術情報まとめ

はなふさ皮膚科は、ほくろ治療において“限界まで傷跡が残らないように治療すること”をモットーにしています。

ほくろ除去の治療方法はレーザーと切開法の2種類があり、施術前にはほくろに悪性所見がないか専用機械で確認してもらえるのもポイントです。

さらに、美容クリニックには珍しく、条件に当てはまれば保険適用の手術も可能ですよ。

レーザーでの施術はアフターフォローも充実しており、術後に再発した場合や赤みやが残った場合は無料で治療してもらえます。

公式サイトには、ほくろの治療を花房医師が詳しく説明している動画があります。

気になる方はぜひ確認してみてくださいね。

はなふさ皮膚科のおすすめポイント

  • 保険適用の治療も可能な場合がある
  • 皮膚科の専門医が在籍しており信頼できる
  • 万が一ほくろが再発した場合もアフターフォローあり

皮膚科専門医院なので、悪性のほくろが心配な方にもおすすめできるクリニックです。

また、ほくろにより何らかの機能的な問題がある場合は、保険適用によって自己負担3割で施術できます。

ほくろが原因で日常生活に支障が出ている方や、信頼できるクリニックで施術を受けたい方には、ぴったりのクリニックです。

気になる方は、まずは気軽にカウンセリングに行ってみましょう。

はなふさ皮膚科 公式サイト

ほくろ除去を受けたい方が知っておきたいQ&A

ほくろ除去を受けたい方が知っておきたいQ&A

ほくろ除去をしたいけれど、怖くてなかなか1歩を踏み出せない方もいるかと思います。

そこで、ここではほくろ除去を受けたい方が知っておきたいQ&Aをご紹介します。

治療を検討されている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

1回の施術できちんと取れる?

必要な施術の回数は、ほくろの数や大きさによって異なります。

一般的には1mm以下の小さなほくろであれば、レーザーでも1回の施術で除去することが期待できます。

ただ、ほくろが複数ある場合や大きいものは、1回で取ろうとすると跡が残ったり赤みが目立ったりする恐れもあります。

カウンセリングの際に医師にほくろを見てもらい、相談しながら施術回数を決めるのがおすすめですよ。

保険適用されるのはどんな人?

ほくろ除去で保険適用となるのは、主に以下の場合があります。

  • ほくろが悪性の可能性がある
  • 目の近くにあり視界の邪魔になっている
  • 顔を洗うときに引っかかる
  • 服の着脱の際に引っかかる

このように、ほくろにより日常生活に支障が出ている場合は保険適用となる可能性があります。

また、保険適用でのほくろ除去を行なっている美容クリニックは少ないです。

もし上記の条件に心当たりがある場合は、保険適用の治療を行なっているクリニックかを事前に確認するのがおすすめです。

ほくろが再発することはある?

どの治療方法でも、ほくろが根深い場合は再発の可能性を完全には否定できません。

特にレーザー電気メスでは、傷跡は小さくて済みますが再発のリスクもあります。

一方、くり抜き法切開法では、傷跡が目立つケースもありますが再発の可能性は比較的低いです。

それぞれの治療方法のメリットやデメリットをどちらも理解したうえで、自分に合う治療方法を選んでくださいね。

再発の可能性も考えて、アフターフォローが充実したクリニックを選ぶのも大切なポイントですよ。

ほくろ除去のくり抜き方法が気になる方は、まずカウンセリングで相談しましょう

ほくろ除去のくり抜き方法が気になる方は、まずカウンセリングで相談しましょう

ほくろ除去のくり抜き法を検討されている方は、まずは気になったクリニックでカウンセリングを受けにいくことがおすすめです。

カウンセリングで、くり抜き法のメリットやデメリットを理解したうえで、ほかの施術方法も検討してみるのもよいかもしれません。

カウンセリングに行くと自分にとって適切な施術を知ることができ、不安なく施術が受けられます。

自分に合ったほくろ除去の施術で、ぜひ理想の美肌を目指してくださいね。

コメント