ほくろ除去で傷跡が白く盛り上がる原因は何?白色瘢痕の改善方法やおすすめクリニック5院を紹介![2024年4月版]

ほくろ除去で傷跡が白く盛り上がる原因は何?白色瘢痕の改善方法やおすすめクリニック5院を紹介![2024年2月版] ほくろ除去
※アフィリエイト広告を含んでいます。
※この記事はドメイン元となるクリニックの監修を踏まえて公開されています。

【2024年4月最新情報】ほくろを除去する施術を受ける方が多くなってきましたが、除去により傷跡が白く盛り上がる悩みを抱える方も増えています。

そこでこの記事では、白色瘢痕についてや改善方法、ほくろ除去がおすすめのクリニックを紹介させていただきました。

\ ほくろ除去でおすすめのクリニック3院/
クリニックロゴ TCB東京中央美容外科 東京美容外科 シロノクリニック ロゴ
クリニック名 TCB 東京中央美容外科
※期間によって
お得な割引クーポンあり
東京美容外科 シロノクリニック
レーザー治療の
最低料金
レーザー除去
1mm以下 4,980円
※新宿三丁目院限定
Qスイッチルビーレーザー
炭酸ガスレーザー
直径1mm以内1個
11,000円~
直径7mm以上1個
88,000円
電気メスの
最低料金
電気メスによる
電気分解法
2mm以下 4,980円
アブレーション
1mmごと 5,500円
切開法の
最低料金
切開法
1mmあたり 19,800円
切除縫合
1mmごと 8,800円
くりぬき法の
最低料金
くり抜き法
1mmあたり 10,200円
こんな方に
おすすめ
コスパよく
ほくろ除去をしたい人
大手クリニックが
いい人
再発が心配な人
詳細 公式サイト 公式サイト 公式サイト
※本記事で紹介するほくろ除去は、基本的には公的医療保険が適用されない自由診療です。
悪性腫瘍やメラノーマだと診断された際などは、保険適用となる場合があります。
なおこの記事は、ほくろ除去の専門家に医学的知識の監修協力をいただきながら作成しました。
花房先生

 この記事の監修医師: 花房 火月 医師 

2006年東京大学医学部医学科卒業後、がん研有明病院東京大学医学部附属病院NTT東日本関東病院などでの研修を経て、東京大学医学部附属病院皮膚科・皮膚光線レーザー科・助教。 2011年に三鷹はなふさ皮膚科を開設。

  1. ほくろ除去とは?|治療法や注意点を解説
    1. ほくろ除去の方法は4種類
      1. 炭酸ガスレーザーによる除去方法|施術時間が短くダウンタイムもほとんどない
      2. 電気メスによる除去方法|膨らんだほくろにおすすめ
      3. くり抜き法による除去方法|鼻や口周辺のほくろにぴったり
      4. <切開法(切除縫合法)による除去方法|大きいほくろや根の深いほくろに向いている
    2. ほくろ除去のリスクや副作用について
    3. ほくろ除去の料金の相場は?
      1. 保険適用|保険が適用になるほくろ除去
  2. ほくろ除去で傷跡が白く盛り上がる?白色瘢痕について解説
    1. 白色瘢痕とは?
    2. 白色瘢痕になる原因
    3. 白色瘢痕はどの部位にできやすい?
    4. 白色瘢痕は治すことができる?
  3. ほくろ除去を受けるクリニックの選び方
    1. カウンセリングで選ぶ
    2. 口コミや症例写真を見て選ぶ
    3. 対応している施術の種類で選ぶ
    4. キャンペーンや割引などを加味した費用で選ぶ
    5. アフターケアや保証制度で選ぶ
  4. アフターケアの整っているほくろ除去がおすすめのクリニック5院|料金や施術情報まとめ
    1. TCB 東京中央美容外科|治療トラブルが発生した際は無料で修正してもらえる
      1. ほくろ除去の施術情報まとめ
    2. 東京美容外科|アフターフォロー制度が整っている
      1. ほくろ除去の施術情報まとめ
    3. 聖心美容クリニック|4つの術後対応サービスありで安心
      1. ほくろ除去の施術情報まとめ
    4. シロノクリニック|治療開始から5年以内なら無料で再治療してもらえる
      1. ほくろ除去の施術情報まとめ
    5. はなふさ皮膚科|治療後にケア方法の説明と記載用紙をもらえる
      1. ほくろ除去の施術情報まとめ
  5. ほくろ除去を受けたい人が知っておきたいQ&A
    1. ほくろは1回の施術で除去できる?
    2. ほくろ除去後のアフターケアは?
    3. 同時に何個のほくろを除去できる?
  6. ほくろ除去で傷口が白く盛り上がるのが気になる方はクリニックで相談しましょう

ほくろ除去とは?|治療法や注意点を解説

ほくろ除去とは?|治療法や注意点を解説

ほくろ除去とは、医療技術を用いてほくろを取り除く治療です。

治療方法やリスク、料金の相場を詳しく紹介します。

花房先生

ほくろは見た目の印象を変えるだけでなく、悪性腫瘍の可能性もあります。気になるほくろがある人は、早めに相談してみることをおすすめします。

ほくろ除去の方法は4種類

ほくろ除去の方法は、レーザー・電気メス・くり抜き法・切開法(切除縫合法)の4つとなります。

ほくろの大きさや深さ、種類などを診察して適切な方法で取り除いていきます。

ここからは、各治療法の特徴やメリットを紹介しますね。

炭酸ガスレーザーによる除去方法|施術時間が短くダウンタイムもほとんどない

炭酸ガスレーザー治療とは、レーザーでほくろを焼いて取る方法です。

この方法は、顔や首の小さいほくろ除去に向いています。

炭酸ガスレーザーは、痛みがほとんどなく傷跡も目立ちにくいといった特徴があります。

施術時間が短く抜糸の必要もないので、1~2回の通院で簡単にできるのもメリットですよ。

ダウンタイム中は、患部に薬を付け保護シールを貼って1週間~2週間様子を見ます。

適切なケアをしないと傷がくぼんだままになる場合があるので、クリニックの指示に従って過ごすことが大切です。

施術時間 5分〜30分
ダウンタイム 1週間~2週間
向いているほくろ 顔や首の小さいほくろ

電気メスによる除去方法|膨らんだほくろにおすすめ

電気メスの熱でほくろを焼いて除去する方法です。

5mm程度の大きさのほくろや、膨らみのあるほくろに向いています。

診察と施術合わせて1~2回の通院で治療ができ、傷跡が目立ちにくいのが特徴です。

ダウンタイムはテープを貼って患部を保護し、正しいケアをして過ごしましょう。

術後は少しくぼみができる可能性があるものの、時間の経過とともに平らな状態に戻り、まわりに馴染んでいきます。

施術時間 5分~30分
ダウンタイム 2週間~3週間
向いているほくろ 5mm程度のほくろ・膨らみのあるほくろ

くり抜き法による除去方法|鼻や口周辺のほくろにぴったり

メスでほくろ全体を円形にくり抜いて除去する方法です。

くり抜き法は、引っ張られてゆがみやすい鼻や口周辺のほくろ除去に適しています。

通院回数は1~2回です。

術後は患部を縫い合わせず、薬とテープで保護しながら自然に回復するのを待ちます。

ほくろの大きさによっては、くり抜いたところに巾着状に糸をかけ、傷口を小さくして保護する場合もありますよ。

傷跡がほとんど目立たなくなるまで半年程度かかるものの、再発のリスクが少ないのがメリットです。

施術時間 10分~30分
ダウンタイム ・1週間~2週間
・傷跡が目立たなくなるまでに半年程度
向いているほくろ 鼻や口周辺にあるほくろ

<切開法(切除縫合法)による除去方法|大きいほくろや根の深いほくろに向いている

メスで皮膚を切ってほくろを除去する方法です。

根が深く大きいほくろは、切開法が向いています。

病理検査で悪性の疑いのあるほくろを発見できるのがメリットであり、再発の可能性が低いのも特徴です。

傷跡は目立ちやすいものの、上手い医師が縫合するときれいに治る可能性が高まります。

患部を保護するために、抜糸後も数ヵ月間テーピングをして過ごします。

施術時間 10分~30分
ダウンタイム ・抜糸まで1週間
・数ヵ月~半年ほどテーピング
向いているほくろ 根が深く大きいほくろ

ほくろ除去のリスクや副作用について

ほくろ除去には、以下のリスク・副作用があります。

治療方法 リスク 副作用
レーザー ・再発の可能性を否定できない
・がんを見逃すおそれがある
・患部のへこみが戻らない場合もある
・赤み
・内出血
・腫れ/むくみ
・かゆみ
・色素沈着
・ケロイド
・麻酔アレルギー
電気メス
くりぬき法 ・傷跡が目立ちやすい
・まれに傷跡が盛り上がったり凹んだままになる可能性
・まれに再発する可能性も否定できない
・赤み
・出血
・痛み
・腫れ/むくみ
・かゆみ
・色素沈着
・ケロイド
・麻酔アレルギー
切開法
(切除縫合法)
・傷跡が目立ちやすい
・まれに再発する可能性も否定できない

ほくろ除去では、治療に関する心配の他に、ほくろそのものにリスクが見受けられる場合があります。

種類によってはがん化しやすい、あるいはすでにがん化している悪性腫瘍があるのです。

左右非対称、周囲の皮膚との境目が曖昧もの、いろんな色が混じったもの、大きさが変化するほくろには注意が必要です。

これらの症状がある場合は、早めに形成外科や皮膚科を受診しましょう。

ほくろ除去の料金の相場は?

1mmあたりの相場は以下の通りです。

治療方法 料金の相場
レーザー 3千円~1万円
電気メス 5千円~1万円
くり抜き法 1万円~1万5千円
切開法(切除縫合法) 1万円~2万円

ほくろ除去は、ほくろの数や大きさ、部位が多いほど費用がかかります。

なかには、一回の治療で複数のほくろが取れる定額プランを用意しているクリニックもありますよ。

クリニックによって設定料金が違うので、比較して決めるのが重要です。

保険適用|保険が適用になるほくろ除去

ほくろ除去は保険適用になるケースがあります。

その場合は、病理件検査の費用も合わせて1部位1万円ほどです。(保険3割負担の場合)

保険適用となるほくろは、“悪性腫瘍の疑いがあるもの”です。

また、マスクに引っ掛かったりヒゲ剃りをする時に痛かったりなど、日常生活に支障が出るほくろも対象となる場合があります。

全てのほくろが適用となるわけではなく、いずれも医師の判断で決まるので、しっかりと相談しましょう。

ほくろ除去で傷跡が白く盛り上がる?白色瘢痕について解説

ほくろ除去で傷跡が白く盛り上がる?白色瘢痕について解説

せっかくほくろの除去をしたのに、白く盛り上がっているのはどうしても気になってしまいますよね。

ここでは、白色瘢痕がどういうものなのか、解説していきます。

白色瘢痕とは?

白色瘢痕とは、傷跡の中でも最も良い綺麗な目立たない傷跡のことです。

ほくろ除去に限らず、傷の最終的な状態で、これは誰にでもなり得る可能性があります。

どのクリニックやどのレーザーで受けても、白色瘢痕になる可能性があることを頭に入れておきましょう。

白色瘢痕になる原因

傷のあとが白くなり隆起するのは、傷の修復過程で新たに作られた肉芽組織が線維化するためです。

メラニン色素が少なくなるので、傷の部分だけ白抜けしたような状態になります。

白色瘢痕はどの部位にできやすい?

白色瘢痕は、どの部位でも起こり得る症状です。

しかし、鼻下や唇は他の部位よりも、できる可能性が高いと言われています。

詳しくはクリニックにてカウンセリング時に聞いてみてくださいね。

白色瘢痕は治すことができる?

白色瘢痕の除去は困難で、治すことはできないと言われています。

傷の最終形態のため、綺麗になる可能性は低いですよ。

施術を考えている方は、施術前にクリニックで確認しておくことをおすすめします。

ほくろ除去を受けるクリニックの選び方

ほくろ除去を受けるクリニックの選び方

ほくろ除去を受けるクリニックを選ぶ際に、ポイントとなる点をいくつかまとめました。

クリニック選びに役立ててくださいね。

カウンセリングで選ぶ

クリニックのカウンセリングを受けてみることで、詳しい説明を聞けたり、自分に合ったプランや提案をしてもらえます。

直接クリニックに足を運ぶことでクリニックの雰囲気を事前に確認できますよ。

口コミや症例写真を見て選ぶ

クリニックの公式ホームページや口コミサイト、SNSにはたくさんの口コミや症例写真が載っています。

自分に似た症例を見れ、自分の受ける施術が得意なクリニックなのか確認できますよ。

対応している施術の種類で選ぶ

クリニックによって、行っている施術の種類が異なる場合があります。

『この方法で施術を受けたい』と決まっている場合は、施術方法でクリニックを選びましょう。

自分に合った方法はどのようなものなのかを事前に確認しておくと、クリニックを決めやすいですよ。

キャンペーンや割引などを加味した費用で選ぶ

クリニックによっては、キャンペーン価格や割引価格が用意されている場合があります

また、LINE公式アカウントでクーポンを配布しているクリニックもありますよ。

費用を重視したい方は、このような点を確認しましょう。

アフターケアや保証制度で選ぶ

施術後に万が一、肌トラブルが起こった場合、不安になりますよね。

そのような場合も考えて、アフターケアや保証制度があるクリニックを選ぶのも一つのポイントです。

あらかじめ、アフターケアや保証制度を確認しておくと安心ですよ。

アフターケアの整っているほくろ除去がおすすめのクリニック5院|料金や施術情報まとめ

アフターケアの整っているほくろ除去がおすすめのクリニック5院|料金や施術情報まとめ

ここからは、アフターケアの整っているほくろ除去がおすすめのクリニックを5院ご紹介します。

クリニックごとに特徴や制度の違いなどがあるので、比較しながらクリニック選びに役立ててくださいね。

ロゴ TCB東京中央美容外科 東京美容外科 聖心美容クリニック シロノクリニック ロゴ はなふさ皮膚科
クリニック名 TCB 東京中央美容外科
※期間によってお得な
割引クーポンあり
東京美容外科 聖心美容クリニック シロノクリニック はなふさ皮膚科
レーザー治療の料金 レーザー除去
1mm以下 4,980円
※新宿三丁目院限定
炭酸ガスレーザー
1mm 10,780円
※熱海院限定
Qスイッチルビーレーザー
炭酸ガスレーザー
直径1mm以内1個 11,000円~
直径7mm以上1個 88,000円
炭酸ガスレーザー
10mm 11,000円~
※他メニューあり
電気メスの料金 電気メスによる電気分解法
2mm以下 4,980円〜
6mm以下 10,200円
アブレーション
1mmごと 5,500円
※別途薬代が必要な場合あり
アブレーション
1mmごと 5,500円
※別途薬代が必要な場合あり
電気凝固法
1mm 10,780円
切開法の料金 切開法
1mmあたり
19,800円
切除縫合
1mmごと 8,800円
切除縫合
1mmごと 8,800円
切除法
85,800円
※大きさによって異なる
切除
3mm以下 11,000円〜
20.1mm以上 55,000円
くりぬき法の料金 くり抜き法
1mmあたり
10,200円
初回カウンセリング料 無料 無料 無料 初診:3,300円 基本料金に含まれる
詳細 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト

TCB 東京中央美容外科|治療トラブルが発生した際は無料で修正してもらえる

 4,980円~|東京中央美容外科【20,000円OFFクーポンあり・くりぬき法で安く綺麗に】

出典元:TCB東京中央美容外科公式サイト

クリニック名 TCB 東京中央美容外科
※期間によって
お得な割引クーポンあり
レーザー治療の料金 レーザー除去
1mm以下
4,980円
※新宿三丁目院限定
電気メスの料金 電気メスによる電気分解法
2mm以下 4,980円〜
6mm以下 10,200円
切開法の料金 切開法
1mmあたり
19,800円
くりぬき法の料金 くり抜き法
1mmあたり
10,200円
麻酔料 施術料金に局所麻酔代が含まれる
初回カウンセリング料 無料
詳細 公式サイト
★★★★★
マスク生活のうちにと、ずっと気になっていたほくろ除去で伺いました。 痛みに弱いのとびびりなので緊張しておりましたが、医師も看護師も優しく安心して施術を受けることができました。経過が楽しみです。 何か気になることができたらまたお願いしようと思います。
引用:Googlemap
★★★★★
額と目頭横のホクロ除去を行ってもらいました。 目頭横ののほくろが5mm程と大きく濃いものだったため、切開での施術を進めていただきました。 場所が目の横なため不安だったのですが施術中肩を優しく叩いて落ち着かせてくださり、先生の施術自体もとてもスムーズでした。 ありがとうございました。
引用:Googlemap

TCB東京中央美容外科では、以下の方法のほくろ除去施術を受けることができます。

  • レーザー除去法
  • 電気メスによる電気分解法
  • 切開法
  • くりぬき法

ほくろの大きさや深さによって治療方法が異なりますよ。

特にTCB東京中央美容外科では、電気メスによる電気分解法とレーザー除去がおすすめで、お手頃な価格で施術を受けられます。

ほくろ除去の施術情報まとめ

TCB東京中央美容外科ではの施術は、約10分ほどで終わります。

切開法の場合は、術後5日~7日目に抜糸をする必要がありますよ。

麻酔は、表面麻酔もしくは局所麻酔を使用します。

術後、腫れや内出血が1週間ほど続きますが、時間の経過とともに軽快していくでしょう。

凹みや赤みに関しては、約半年ほどで落ち着いてきますよ。

アフターケア制度もありますので、安心して施術を受けられます。

【TCB 東京中央美容外科のおすすめポイント】

  • 4,980円から施術を受けられる
  • 4つの施術方法から選べる
  • 傷跡を最小限にする施術

TCB東京中央美容外科では、4,980円からほくろ除去施術を受けられます。

費用と仕上がりの綺麗さを重視する方におすすめのクリニックですよ。

TCB東京中央美容外科の公式サイトはこちら

東京美容外科|アフターフォロー制度が整っている

東京美容外科

出典元:東京美容外科公式サイト

クリニック名 東京美容外科
レーザー治療の料金
電気メスの料金 アブレーション
1mmごと 5,500円
※別途薬代が必要な場合あり
切開法の料金 切除縫合
1mmごと 8,800円
くりぬき法の料金
麻酔料 局所麻酔3,300円
※他メニューあり
初回カウンセリング料
詳細  公式サイト

東京美容外科では、以下のほくろ除去の施術が受けられます。

  • アブレーション(電気メス)
  • 切開法

小さいほくろの場合はアブレーションで削り取る方法、大きいほくろの場合は切開による施術がより有効です。

切開法は、ほくろの根元組織までしっかりと切り取るため1回の施術で取り除け、再発の可能性はほとんどありません。

ほくろ除去の施術情報まとめ

東京美容外科でのほくろ除去の施術時間は、約20分ほどです。

術後、腫れや内出血が生じる場合がありますが、1週間~3週間ほどで引くでしょう。

除去部分は約1~2ヶ月で平らになり、3~6ヶ月で赤みがおさまり、その後1年程度で肌になじんでくることがほとんどです。

術後安心保証のアフターサービス制度が用意されているため、万が一のトラブルにも安心ですよ。

【東京美容外科のおすすめポイント】

  • アブレーション施術が1㎜5,500円から
  • モニター募集あり
  • 他院修正も可能

東京美容外科では、アブレーションでの施術が1mm5,500円から受けられます。

モニター募集もあり、50%オフで施術ができるので、費用を重視している方におすすめのクリニックです。

東京美容外科の公式サイトはこちら

聖心美容クリニック|4つの術後対応サービスありで安心

聖心美容クリニック|4つの術後対応サービスありで安心

出典元:聖心美容クリニック公式サイト

クリニック名 聖心美容クリニック
レーザー治療の料金 炭酸ガスレーザー
1mm 10,780円
※熱海院限定
電気メスの料金 電気凝固法
1mm 10,780円
切開法の料金 切除法
85,800円
※大きさによって異なる
くりぬき法の料金
麻酔料 施術料金に局所麻酔代が含まれる
初回カウンセリング料 無料
詳細  公式サイト

聖心美容クリニックでは、以下のほくろ除去の施術を受けられます。

  • 切除法
  • 電気凝固法

聖心美容外科は、盛り上がりと大きさにより治療を選択します。

ホクロがよほど大きくなければ、通常は電気凝固法できれいに除去できます。

盛り上がりは大きくてもサイズが小さければ、レーザーや電気凝固での治療が可能ですよ。

ほくろ除去の施術情報まとめ

施術時間は、ほくろの大きさによっては数分でい終わります。

施術は局所麻酔をして行われるため、施術中の痛みに不安がある方でも安心です。

約2週間ほどすると、自然にかさぶたがとれ、ホクロの色素も消えていきます。

赤みや凹みが生じる場合がありますが、3ヶ月から半年かけて徐々に色や凹みが落ち着いてきますよ。

保証制度に関しては、直接クリニックに問い合わせてみてくださいね。

【聖心美容クリニックのおすすめポイント】

  • 熱海院限定で炭酸ガスレーザーが受けられる
  • 術後すぐにメイク可能
  • 傷跡を残さずキレイに除去

聖心美容クリニックでは2種類の施術方法があり、熱海院は限定で炭酸ガスレーザーも扱っています。

術後もメイクをして帰れるため、仕事の合間などにも通えるのが魅力のクリニックです。

聖心クリニックの公式サイトはこちら

シロノクリニック|治療開始から5年以内なら無料で再治療してもらえる

シロノクリニック

出典元:シロノクリニック公式サイト

クリニック名 シロノクリニック
Qスイッチルビーレーザー
炭酸ガスレーザー
直径1mm以内1個 11,000円~
直径7mm以上1個 88,000円
電気メスの料金
切開法の料金
くりぬき法の料金
麻酔料 麻酔料1,100円~
※料金詳細はクリニックに要確認
初回カウンセリング料 初診:3,300円
詳細 公式サイト

シロノクリニックでは、以下のほくろ除去の施術が受けられます。

  • 炭酸ガスレーザー
  • Qスイッチルビーレーザー

施術では主に炭酸ガスレーザーを使いますが、ほくろの形状や大きさによってはQスイッチルビーレーザーの場合もあります。

どの機器で取り除くかは、カウンセリングの際に相談してくださいね。

ほくろ除去の施術情報まとめ

施術はほくろの状態や数によりますが、おおよそ数分ほどで終了します。

施術後のダウンタイムでは、赤みや色素沈着が出る可能性があります。

ケア方法や術後の過ごし方については、クリニックに相談してくださいね。

ほくろが再発した場合も、5年の期間内であれば無料で施術をしてもらえるので安心ですよ。

【シロノクリニックのおすすめポイント】

  • 複数のレーザーを使用した施術
  • 長い保証期間
  • 跡が残らない、安全な治療

シロノクリニックの魅力は、複数のレーザーを使用し跡が残らないように施術をしてくれるところです。

保証期間も5年と長い点も魅力の一つですよ。

シロノクリニックの公式サイトはこちら

はなふさ皮膚科|治療後にケア方法の説明と記載用紙をもらえる

はなふさ皮膚科|悪性のほくろかどうか施術前にしっかりと確認してもらえる

出典元:はなふさ皮膚科公式サイト

クリニック名 はなふさ皮膚科
レーザー治療の料金 炭酸ガスレーザー
10mm 11,000円~
※他メニューあり
電気メスの料金
切開法の料金 切除
3mm以下 11,000円〜
20.1mm以上 55,000円
くりぬき法の料金
麻酔料 局所麻酔
※料金詳細はクリニックに要確認
初回カウンセリング料 基本料金に含まれる
詳細  公式サイト
★★★★★
非常に良いクリニックでした。ほくろ除去で一回再発してしまいましたが、6ヶ月の保証のおかげで無料で手術していただきました。術後の治りも問題ないです。 医師や看護師の方の態度も非常に丁寧で好感が持てました(特に看護師の方の対応が良かった)。質問にも丁寧に答えていただき安心して手術を受けられました。 女医さんが多い点やチェーン展開をしている点も安心感につながっており素晴らしいと思います。 ただ、一点だけ受付の方の態度がぶっきらぼうだったのが残念でした。
引用:Googlemap
★★★★★
シミやほくろが増えてきている感じがしたので行きました。相談には親身になってきいてもらい、対応もとても丁寧でした。おかげで悩みも解消できましたし、感謝しています。コンプレックスがなくなったことがやはり一番嬉しいですね。
(一部抜粋)
引用:Googlemap

はなふさ皮膚科では、以下の方法のほくろ除去施術が受けられます。

  • 炭酸ガスレーザー
  • 手術療法(保険適用)

ほくろのサイズや部位によって、施術方法を選択します。

ほくろにより生活に支障が出る場合に、はなふさ皮膚科では保険適用で施術を受けられます。

美容目的では保険は使えないので、注意してください。

ほくろ除去の施術情報まとめ

ほくろ除去施術は、局所麻酔を打った後にレーザー照射を行います。

施術後1週間ほど経過してから再診を受け、状態を診てもらいます。

炭酸ガスレーザーでの施術を受けた方で、取り残しがあり再発した場合は、無料でレーザー治療をしてもらえますよ。

術後に内出血や赤み、色素沈着などの肌トラブルが発生する可能性があります。

気になる方は、クリニックに相談してくださいね。

【はなふさ皮膚科のおすすめポイント】

  • 保険適用の施術がある
  • 保証制度がしっかりしている
  • 一回の施術で取りきれる

はなふさ皮膚科は、ほくろの状態によっては保険が適用になります。

ほくろの数が多い場合を除き、一回の施術で取りきれるので、何度も足を運ばなくても良いため人気のクリニックですよ。

はなふさ皮膚科の公式サイトはこちら

ほくろ除去を受けたい人が知っておきたいQ&A

ほくろ除去を受けたい人が知っておきたいQ&A

ほくろ除去を受ける前に、あらかじめ知っておきたいポイントがいくつかあります。

前もって確認したうえで、施術に挑みましょう。

ほくろは1回の施術で除去できる?

ほとんどの治療では、多くの場合一度の治療でほくろの除去ができます。

しかし、ほくろの大きさや形状によっては、一度に無理に施術をすることで跡が残ってしまう場合があります。

そのため、複数回に分けて施術を行うこともありますよ。

クリニックのドクターと相談して、どのように除去するのが良いのか相談してくださいね。

ほくろ除去後のアフターケアは?

術後しばらくは直射日光を避けて生活をしましょう。

また、除去部分が再生するまでは強い刺激を与えないようにしてくださいね。

施術当日は、アルコールの摂取や激しい運動を避けるようにしましょう。

同時に何個のほくろを除去できる?

同時に複数のほくろを施術することは可能ですが、クリニックよって一度に取り除ける数は異なります。

また、一つのほくろの大きさや形状によっても異なる場合がありますよ。

そのため、クリニックとのカウンセリング時に相談してみてくださいね。

ほくろ除去で傷口が白く盛り上がるのが気になる方はクリニックで相談しましょう

ほくろ除去で傷口が白く盛り上がるのが気になる方はクリニックで相談しましょう

今回は、ほくろ除去による白色瘢痕についてと、アフターケアの整っているほくろ除去がおすすめのクリニックを6院紹介しました。

ほくろ除去により傷口が白く盛り上がっている場合、気になる方はクリニックに相談することをおすすめします。

これからほくろ除去の施術を受ける方は、ぜひこの記事を参考にクリニックを選んでみてください!

※アフィリエイト広告を含んでいます。