クマ取り整形はTCB(東京中央美容外科)がおすすめ?料金や症例について徹底解説![2024年4月版]

クマ取りはTBCがおすすめ クマ取り
※アフィリエイト広告を含んでいます。
※この記事はドメイン元となるクリニックの監修を踏まえて公開されています。

【2024年4月最新情報】「目の下のクマが気になるからなるべく早くなくしたい」「クマがあるせいで暗い印象に見られる」など、目元の印象に悩みがある方も多いと思います。

この記事ではクマ取りが人気を集めているTCB 東京中央美容外科についてまとめました。

クマ取りは目元が明るくなるだけでなく、たるみが解消されることで若返り効果も期待できる施術です。

ぜひクマ取りされる前にこの記事を参考にしてください。

\ クマ取りがおすすめのクリニック3院/
クリニックロゴ ガーデンクリニック TAクリニックロゴ
クリニック名 東京中央美容外科
※初回2万円オフ
LINEクーポンあり
ガーデンクリニック TAクリニック
最低料金 クマ取り再生注射
1回 9,800円
VISTA-Shape ボリューマ 1cc (Allergan)
1回 132,000円
下眼瞼脱脂術(クマ・ふくらみとり)
両目 79,100円
おすすめできるポイント 手軽な施術も充実している くぼみが原因のクマにおすすめ 術後のデザイン性にこだわっている
公式サイトへのリンク 公式サイト 公式サイト 公式サイト

本記事で紹介するクマ取りは公的医療保険が適用されない自由診療です。

TCB(東京中央美容外科)の公式サイトはこちら

なおこの記事は、クマ取りの専門家に医学的知識の監修協力をいただきながら作成しました。
※個別のクリニックの掲載箇所や比較表、料金に関する記載の箇所は除く。
花房先生

 この記事の監修医師: 花房 火月 医師 

2006年東京大学医学部医学科卒業後、がん研有明病院東京大学医学部附属病院NTT東日本関東病院などでの研修を経て、東京大学医学部附属病院皮膚科・皮膚光線レーザー科・助教。 2011年に三鷹はなふさ皮膚科を開設。

  1. 目の下のクマには種類がある?|種類別原因と施術方法とは
    1. 黒クマ|たるみや窪みで黒く見えている
    2. 茶クマ|くすみや色素沈着で茶色くなっている
    3. 青クマ|下まぶたの皮膚が薄く筋肉が透けている
    4. カウンセリングで自分のクマに合った治療を選ぼう
  2. TCB(東京中央美容外科)のクマ取り整形の基本情報をチェック
    1. クマ取り再生注射|手軽にできるから初心者にもおすすめ
    2. 切らない目の下のクマ取り整形|メスを入れずにクマの改善を期待できる
    3. クリアファインリフト|糸が短いから細かい部分にも対応可能
    4. 目の下のヒアルロン酸注射|くぼみを手軽に解消できる
    5. グロースファクター注入|エイジングケアとしてもおすすめ
    6. 切開法による目元のたるみ取り|長期的な効果の実感を追求したい人向け
  3. TCB(東京中央美容外科)のクマ取り整形はどんな人におすすめ?
    1. 自分に合った方法でクマ取り整形したい人
    2. 大手クリニックの医師に施術をお願いしたい人
    3. カウンセリングやアフターケアの充実度を大事にしたい人
  4. TCB(東京中央美容外科)のクマ取り整形を受けた人のビフォーアフター
    1. 切らない目の下のクマ取り整形|ナチュラルな仕上がりが魅力的
    2. 目の下のヒアルロン酸注射|手軽な方法を選びたい人向け
    3. 切開法による目の下のたるみ取り|脂肪が多めな人でも◎
  5. TCB(東京中央美容外科)でクマ取り整形を受けるのはおすすめ?
    1. TCB(東京中央美容外科)のクマ取り整形のメリット
      1. 低価格で手軽な治療法が充実している
      2. クマのタイプに適した治療法を選べるメニュー展開
      3. 施術経験豊富な医師が在籍しているから安心できる
    2. TCB(東京中央美容外科)のクマ取り整形のデメリット・注意点
      1. 施術法によっては料金が高くなることもある
      2. 長期的な効果が期待できるかは施術による
      3. 施術によるダウンタイムや副作用がある
  6. TCB(東京中央美容外科)でクマ取り整形を受ける際の流れは?
  7. TCB(東京中央美容外科)でクマ取り整形を受ける前に知っておくべきQ&A
    1. クマ取り整形をした後に私生活で気をつけることはある?
    2. 自分のクマタイプがわからないときはどうしたら良い?
    3. TCB(東京中央美容外科)のクマ取り整形をお得に受けるなら?
  8. TCB(東京中央美容外科)のクマ取り整形はコスパ良しでおすすめ!

目の下のクマには種類がある?|種類別原因と施術方法とは

クマの種類は?

「クマ」と一口に言っても、様々な種類があり、治療法もそれぞれの症状に合ったものを選択する必要があります。

花房先生

大きく分けると「黒クマ」「青クマ」「茶クマ」の3つに分かれます。それぞれの治療法を見ていきましょう。

黒クマ|たるみや窪みで黒く見えている

目の下のたるみや窪みによって影ができ、黒っぽく見えているクマが黒クマです。

黒クマの治療には、プチ整形なども含めるとたくさんの治療法があります。まずは注入系の治療法を5つ表にまとめて紹介します。

コラーゲン注射 ヒアルロン酸注射 PRP注射(再生注射) 脂肪注入 FGF注射
料金の相場 5万円~15万円 1万円~20万円 5万円~10万円 20万円~40万円 5万円~10万円
メリット 手軽
直後から効果あり
手軽
直後から効果あり
狙って溶かせる
安全
アレルギーなし
効果が非常に長い
個人差はあるが半永久的
持続性がある程度高い
デメリット 白く目立つ場合がある
半年程度で吸収されるが、
狙って溶かすことができない
半年〜1年程度で吸収される 効果に個人差がある 脂肪を他部位から取る手術が必要
手軽には受けられず高額
効果に個人差がある
しこりができる可能性がある
リスク・副作用 内出血
腫れ・むくみ
痛み・違和感
肌の色味の変化
血管閉塞
感染症
アレルギー反応
内出血
腫れ・むくみ
痛み・違和感
肌の色味の変化
血管閉塞
感染症
アレルギー反応
内出血
腫れ・むくみ
痛み・違和感
肌の色味の変化
血管閉塞
感染症
内出血
腫れ・むくみ
痛み・違和感
肌の色味の変化
血管閉塞
感染症
※残りの副作用は下記
内出血
腫れ・むくみ
痛み・違和感
肌の色味の変化
血管閉塞
感染症
アレルギー反応

全て注射する治療のため、上記の副作用があります。

脂肪注入は手術になるので、上記に加え下記のリスク・副作用があります。

だるさ、熱感、頭痛、蕁麻疹、痒み、むくみ、発熱、せき、冷や汗、胸痛、アナフィラキシーショック、呼吸困難など

上記5つの治療法は全て凹んでいる部位を膨らませる治療です。FGFは安全性にやや問題があり、本サイトではあまりおすすめすることはできません。

クマの症状によっては、膨らんでいる部位を凹ませる必要も出てきます。その場合は、目の下の脂肪を除去する脱脂手術等が必要です。

脂肪を移動させる手術として、ハムラ法・裏ハムラ法という二つの施術が有名です。

ハムラ法 裏ハムラ法
料金の相場 20万円〜30万円 20万円〜30万円
メリット たるんだ皮膚ごと切除できる まぶたの裏側を切るので傷跡が残らない
デメリット 傷跡が残る可能性がある 皮膚は切除しないので皮膚のたるみは取れない

上記のようなメリット・デメリットがあります。リスク・副作用は先ほどの脂肪注入手術と同じです。

他にも脱脂手術は病院ごとに様々な手法があるので、気になった病院に確認してみましょう。

茶クマ|くすみや色素沈着で茶色くなっている

茶クマは、肌を擦って茶色く色素沈着したクマや、メイク落としを怠ったり、紫外線や乾燥でくすんでしまったりして出来たクマです。

ケアとしては、保湿をしっかりし擦ったりせず刺激を与えないことが大切です。

また、メラニンを抑える塗り薬を塗布することでも改善が見られる場合があります。

ピーリングや、ハイドロキノンの入った塗り薬が有名です。

レーザー治療という選択肢もありますが、色素沈着自体は時間はかかるものの自然に治ることも多い症状となっています。

上記のようなリスク・副作用の少ない治療がおすすめです。

青クマ|下まぶたの皮膚が薄く筋肉が透けている

青クマは、下まぶたの皮膚が家系的に薄い方や、加齢とともに薄くなった方に多く、まぶた裏の筋肉が透けて見えている現象です。

皮膚を厚くしたり、まぶたの下に脂肪などの組織を注入する治療が有効です。

レーザーや高周波などの機械を用いる治療や、PRP注射が挙げられますが、かなり個人差が出る治療になります。

レーザー治療はかなりリスク・副作用が少ない治療です。

レーザーの種類にもよりますが、やけどやくすみの悪化、色素脱失、毛やほくろへの反応などのリスクがあります。

それに対し脂肪などの組織を注入する治療は多くの方に効果的ですが、外科手術のため、ある程度高額な治療にはなってきます。

カウンセリングで自分のクマに合った治療を選ぼう

自分にとって最適な治療はどれか、またそもそも自分のクマはどれに該当するのかの判断は簡単ではありません

クマ治療のプロである、医師にカウンセリングを受けて自分に合った治療を受けましょう。

無料カウンセリングを行っている病院も多いですし、クマに悩む方はカウンセリングだけでも受けてみることをおすすめします。

TCB(東京中央美容外科)のクマ取り整形の基本情報をチェック

TCB(東京中央美容外科)のクマ取り整形の基本情報をチェック

ここからはTCBでクマ取り整形を受ける際に、具体的にどんな施術方法があるか、また金額についても詳しく解説します。

メスを入れる施術から、切らずにできる施術まで様々な種類があるので、自分に合ったメニューを見つけてくださいね。

プラン名 クマ取り再生注射 切らない目の下のクマ取り・目の下のたるみ取り 目の下のヒアルロン酸注射 グロースファクター(成長因子)注入 切開法による目の下のたるみ取り
料金 1回 9,800円 スタンダード1回 83,600円
パーフェクト1回 297,000円
ダイヤモンドフィール(1cc)19,200円
ジュビタームビスタ(1cc)34,800円〜69,800円
1回 38,800円 スタンダード1回 83,600円
パーフェクト1回 547,800円

 

TCB(東京中央美容外科)の公式サイトはこちら

クマ取り再生注射|手軽にできるから初心者にもおすすめ

クマ取り再生注射は、1回の注射で脂肪溶解、再生因子、ヒアルロン酸を注入する施術です。

メスを入れない施術方法なので、大掛かりな美容整形に抵抗がある方も安心して受けられますよ。

注入する成長因子の中には、海外論文でも効果が認められている成分が含まれているので、ハリを出す目的として抜群の効果が期待できます。

腫れや痛みなど、ダウンタイムはほぼなく、翌日からアイメイクも可能です。

切らない目の下のクマ取り整形|メスを入れずにクマの改善を期待できる

切らない目の下のクマ取りは、下瞼の裏側から脂肪を取り出し、ふくらみやたるみを改善する方法です。

生まれつき目元の脂肪が多い方や、加齢と共に眼窩脂肪が目立ってきた方に適しています。

脂肪取りと同時に脂肪注入も行うことで、たるみの解消とクマの改善が期待でき、より自然な仕上がりになりますよ。

下瞼の裏側に針を刺すのでほんの小さな傷ができますが、粘膜は回復が早いこともあり、縫合も不要です。

2.3日浮腫みが出ますが、アイメイクは翌日から可能です。

クリアファインリフト|糸が短いから細かい部分にも対応可能

クリアファインリフトは通称ミニリフトと呼ばれています。

体内で溶ける医療用の糸を真皮に挿入し、目元のハリを出していく施術です。

クリアファインリフトは、目元以外にも頬のたるみや顔全体のリフトアップとしても使用されています。

時間の経過と共に吸収される糸なので、平均1〜2年の持続効果が期待でき、定期的にメンテナンスとして受ける方も多いですよ。

目の下のヒアルロン酸注射|くぼみを手軽に解消できる

目の下のヒアルロン酸注射は、青クマ・黒クマに効果があります。

皮下にヒアルロン酸を注入し皮膚を持ち上げることで、目元のくぼみを目立たなくさせる施術です。

片側につき3.4箇所針を刺し、所有時間は5分程度ととても手軽な方法ですよ。

直後からメイクも可能なので、「周りには絶対知られたくない」という方も安心ですね。

グロースファクター注入|エイジングケアとしてもおすすめ

グロースファクターは、体内に元々あるタンパク質の一種であり、細胞増殖因子とも呼ばれています。

外から注入することで細胞が活性化され、減少したコラーゲンの生成などを促し、主に茶クマや青クマに効果のある施術です。

ハリや弾力のもととなるコラーゲンが増殖することで、ごく自然に若返り効果が期待できますよ。

切開法による目元のたるみ取り|長期的な効果の実感を追求したい人向け

切開法は、目の下の余分な皮膚やたるみを切除し、シワ、たるみ、クマを改善する方法です。

下まつ毛の下を2mmほど切開し、抜糸まで1週間、腫れが引くまで2週間、完成まで1ヶ月〜3ヶ月のダウンタイムがあります。

長年黒クマや茶クマに悩んでいた方や、これまで他の方法も試したけど満足できなかった方が選ばれている方法です。

TCB(東京中央美容外科)の公式サイトはこちら

TCB(東京中央美容外科)のクマ取り整形はどんな人におすすめ?

TCB(東京中央美容外科)のクマ取り整形はどんな人におすすめ?

クマ取り整形ができるクリニックは数多くありますが、施術方法や金額などそれぞれ異なるので、どこを選べばいいか悩みますよね。

ここからは、その中でも人気の高いTCBの場合はどんな方が向いているか詳しく解説します。

自分に合った方法でクマ取り整形したい人

TCBのクマ取りは主に6種類あり、幅広いメニューが魅力の一つです。

金額も9,800円からプランがあり、自分の予算に合わせて施術方法を選べるので、初めての方も「安心して相談ができる」と定評があります。

大手クリニックの医師に施術をお願いしたい人

TCBは全国に100院以上を展開する大手美容外科クリニックです。

クマ取りの施術は、解剖学を熟知し厳しいテストをパスした医師のみが行います。

そのため、どこの院で受けても技術に偏りがなく、経験値の高い医師の施術を受けることが可能です。

カウンセリングやアフターケアの充実度を大事にしたい人

TCBでは丁寧なカウンセリングや、患者の要望をしっかりと聞き入れる体制に定評があります。

また、万が一トラブルが発生した際は無料で修正・回復・アフターケアを受けることが可能です。

施術に問題がなかった場合でも「別の形に変えたくなった」など、仕上がりに満足できなかった時、、保証期間内であれば再治療も受けられます。

こういった保証制度やアフターサービスがとても充実しているので、美容整形に不安を感じている方も安心ですね。

TCB(東京中央美容外科)の公式サイトはこちら

TCB(東京中央美容外科)のクマ取り整形を受けた人のビフォーアフター

TCB(東京中央美容外科)のクマ取り整形を受けた人のビフォーアフター

ここからは、実際にTCBでクマ取り整形をうけた方のビフォーアフターをメニュー別に紹介します。

症例写真も掲載しているので、ぜひメニュー選びの参考にしてください。

切らない目の下のクマ取り整形|ナチュラルな仕上がりが魅力的

こちらは切らない目の下のクマ取り整形を受けた方の症例写真です。

症例写真①

出典:TCB東京中央美容外科

施術内容 下瞼の裏側を1cmほど切開し、
余分な脂肪を取り除く施術
費用 ¥83,600〜¥571,900
※自由治療となります。
リスク・副作用 腫れが数日〜1週間ほど

表面を傷つけない施術なので、腫れが引いた後はとても自然な仕上がりになっています。

目の下のヒアルロン酸注射|手軽な方法を選びたい人向け

こちらは目の下のヒアルロン酸注射を受けた方の症例写真です。

症例写真②

出典:TCB東京中央美容外科

施術内容 目の下のくぼみ・たるみ・クマを消す
費用 ¥19,200〜69,800円
※自由治療となります。
リスク・副作用 内出血

目の下のくぼみに注入することで、とても自然に凹凸が改善しています。

切開法による目の下のたるみ取り|脂肪が多めな人でも◎

こちらは切開法による目の下のたるみ取りを受けた方の症例写真です。

症例写真③

出典:TCB東京中央美容外科

施術内容 まぶたの周囲の緩んだ皮膚を切開して取り除く方法
費用 ¥83,600〜¥547,800
※自由治療となります。
リスク・副作用 最初の3日間ほど痛みや腫れ・熱感があり、
赤みは2.3ヶ月かけて目立たなくなる。

切開法は、脂肪の量が多く大きなたるみが出ている方でも改善できる方法です。

化粧品やエステ、その他の施術で満足できなかった方にもとても喜ばれていますよ。

TCB(東京中央美容外科)の公式サイトはこちら

TCB(東京中央美容外科)でクマ取り整形を受けるのはおすすめ?

TCB(東京中央美容外科)でクマ取り整形を受けるのはおすすめ?
TCBのクマ取りは施術メニューも豊富にあり、予算も幅広く決められるので、初めて受ける方にもおすすめですよ。

ここからは実際におすすめできるポイントを具体的に解説します。

TCB(東京中央美容外科)のクマ取り整形のメリット

TCBでクマ取りを受けると、どんなメリットがあるかを3つのポイントに絞ってまとめました。

TCBで施術を検討している方はぜひ参考にしてください。

低価格で手軽な治療法が充実している

TCBでは、切開法などの本格的な施術から、低価格で受けられるメニューまで治療法がとても充実しています。

大手ならではの顧客数や、独自の仕入れルートなどを利用し低価格・高品質な美容医療を提供しているのが魅力の一つです。

クマのタイプに適した治療法を選べるメニュー展開

クマには種類があり、タイプによって適した治療法が異なります。

その点TCBは治療方法が豊富にあるので、どのようなタイプのクマでも適切な施術を受けることが可能です。

自由治療である分、豊富なメニュー展開や提案力はとても大切なポイントとなるので、TCBの充実した体制はとてもおすすめですよ。

施術経験豊富な医師が在籍しているから安心できる

TCBには熟練の美容外科医や心臓血管外科医出身の医師が在籍しています。

それぞれの施術には、さらに厳しいテストをクリアした医師のみが執刀するので、どの院で受けても安心です。

確かな技術を求めてクリニック選びをする際、TCBはとてもおすすめですよ。

TCB(東京中央美容外科)のクマ取り整形のデメリット・注意点

ここからはTCBでクマ取りを受ける際のデメリット・注意点です。

様々なリスクや可能性を把握しておくことで、カウンセリング時に不安なことをスムーズに相談できます。

より良い治療が受けられるよう、デメリットについても把握しておきましょう。

施術法によっては料金が高くなることもある

TCBでは10,000円前後からプランがある注入系の施術から、切開法などの本格的な施術まで幅広いメニューが魅力のクリニックです。

メニューの種類が豊富な分、料金プランの幅も広く、治療法によっては数十万円かかるものもあります。

まとまった費用が必要で一度に用意することが難しい場合は、医療ローンなどを利用することが可能です。

もちろん予算を大幅に上回る場合に無理は禁物ですが、支払い方法についてカウンセラーに相談することも一つの方法としておすすめですよ。

長期的な効果が期待できるかは施術による

施術方法によって効果の持続期間は異なり、永久的に続くものとそうでないものがあります。

例えば、ヒアルロン酸注射や溶ける糸のリフトアップの場合、体内に吸収されていくメカニズムなので永久的な効果は期待できません。

一方、切開法で除去する場合は除去した部位が元に戻ることはないので、永久的な効果が見込めます。

定期的なメンテナンスで維持していきたいか、一度の施術で改善させたいか、どちらが自分に合っているかを考えておくと良いでしょう。

施術によるダウンタイムや副作用がある

ダウンタイムや副作用の程度には個人差があり、施術法によって症状も異なります。

多少のむくみや腫れで治ることもあれば、切開法などの場合には数ヶ月かけて落ち着いていくこともあるのです。

そのため、ダウンタイムを考慮してスケジュールを組むことが望ましいとされます。

TCB(東京中央美容外科)の公式サイトはこちら

TCB(東京中央美容外科)でクマ取り整形を受ける際の流れは?

TCB(東京中央美容外科)でクマ取り整形を受ける際の流れは?

TCBでクマ取りを受ける際の流れは以下の通りです。

  • カウンセリングでデザインを決定
  • マーキングをしてから局所麻酔
  • 下瞼を外反させ結膜を切開
  • 眼窩脂肪を切除
  • 縫合して終了

その後、1週間後に抜糸をして経過観察となります。

TCB(東京中央美容外科)でクマ取り整形を受ける前に知っておくべきQ&A

TCB(東京中央美容外科)でクマ取り整形を受ける前に知っておくべきQ&A

TCBでクマ取り受ける際に、知っておくと役立つQ&Aを紹介します。

お得な情報もあるのでぜひ参考にしてください。

クマ取り整形をした後に私生活で気をつけることはある?

クマ取りの治療後は、基本的な紫外線対策を続け、日々の保湿ケアを大切にしましょう。

切開法などで除去した脂肪が元に戻ることは基本的にありませんが、周辺の皮膚自体のダメージはその後も蓄積されていきます。

目元周りは皮膚が薄くとてもデリケートな部位なので、アイクリームなど目元に特化したアイテムを取り入れるのもおすすめですよ。

自分のクマタイプがわからないときはどうしたら良い?

自分のクマタイプがわからない時は、まずはセルフチェックの方法を試してみましょう。

自己判断で解決出来なかった場合や「黒クマにも青クマにも見える…」などという場合はカウンセリングで診断してもらうのがおすすめです。

早めに自分のタイプを把握しておくことで、症状の悪化を防ぎ早期の改善ができますよ。

TCB(東京中央美容外科)のクマ取り整形をお得に受けるなら?

TCBの公式LINEに登録をすると、初回限定の2万円クーポンがゲットできます。(2022年7月現在)

その他にも都度お得なクーポンを配信しているので要チェックです。

またモニターの募集を行っている場合もあり、審査に通った方はモニター価格で施術を受けられます。

モニター制度に抵抗がない方は、場合によっては大きな値引きが受けられることもあるので、ぜひカウンセリング時に聞いてみてください。

TCB(東京中央美容外科)の公式サイトはこちら

TCB(東京中央美容外科)のクマ取り整形はコスパ良しでおすすめ!

TCB(東京中央美容外科)のクマ取り整形はコスパ良しでおすすめ!

TCBのクマ取り整形は施術メニューも豊富にあり、値引き制度も充実しているので初めて受ける方にもとてもおすすめです。

クマ取りでクリニック探しをしている方は、一度TCBの無料カウンセリングで相談してみてください。

TCB(東京中央美容外科)の公式サイトはこちら

※アフィリエイト広告を含んでいます。