メンズ医療脱毛で30回以上かかることはある?濃いヒゲに必要な期間・回数の目安

メンズ医療脱毛 30回 アイキャッチ メンズ脱毛
脱毛を検討している人

メンズ脱毛で30回でも足りない場合はあるのかな?

ゆい

サロン脱毛を選んでしまうと30回以上になってしまう可能性があります。詳しく解説しますね。

メンズ脱毛を検討する際、回数別にたくさんのコースが展開されており、実際脱毛が何回で終了するかは気になりますよね。

また、濃いヒゲに悩んでいるという人は「医療脱毛を選択しても追加で何十回も施術しなくてはいけないのでは…?」と不安に感じている人もいるのではないでしょうか。

結論、医療脱毛の場合8~15回以内には濃いヒゲもツルツルになる人がほとんどです。

ただし、サロン脱毛の場合は30回以上となる場合も少なくないため、後悔しないためにも脱毛に関する知識をしっかりとインプットしておくことが大切です。

また、脱毛後のなりたい毛量や、元の毛質によって必要な回数が変わってきます。

この記事では、濃いヒゲの場合は何回必要か?などを詳しく解説しています。

メンズ脱毛を検討している人はぜひ参考にしてくださいね。

ゆい

メンズ医療脱毛の回数の不安を解消し、ツルツルの肌を目指しましょう。

メンズエミナルじぶんクリニックゴリラクリニック
脱毛プラン・全身脱毛
・ヒゲ脱毛
・部分脱毛
・全身脱毛
・ヒゲ脱毛
・部分脱毛
・全身脱毛
・ヒゲ脱毛
・部分脱毛
医療レーザー脱毛機クリスタルプロソプラノチタニウ・メディオスターNeXT PRO
・ライトシェアデュエット
・ライトシェアXC
・ジェントルヤグ
・ジェントルレーズPro
詳細詳細を見る詳細を見る詳細を見る

 

お得に永久脱毛をしたい方におすすめ

・効果の高い医療脱毛のひげ脱毛がなんと月々1,050円
・メンズエミナルでは全ての患者様が麻酔無料
・痛みが限りなく少ない!

総合評価4.0
料金設定3.8
脱毛効果の持続4.2
キャンペーン4.0
【ユーザー満足度調査結果】
調査人数9人
ユーザー総合評価(100点満点)69.1点
痛みの感じにくさ72.5点
クリニック・サロンへの安心感81.3点
キャンペーンやキャッシュバックの満足度47.5点
  1. メンズ医療脱毛は30回でも終わらないことはある?濃いヒゲに必要な回数を解説
    1. 医療脱毛の場合-濃いヒゲでも8回~15回ほどでツルツルに-
    2. サロン脱毛の場合-30回かかる可能性アリ-
  2. 30回以内で終わらせたいなら医療脱毛がサロン脱毛よりおすすめ!医療脱毛の基礎知識
    1. 医療脱毛とは?サロン脱毛・ニードル脱毛との違い
      1. 医療脱毛の特徴-永久脱毛が期待できる-
      2. サロン脱毛やニードル脱毛との違い
    2. 医療脱毛のメリット・デメリット
  3. 濃いヒゲでも医療脱毛10回以上でツルツルに!回数別のメンズ医療脱毛の効果
    1. 3~5回|自己処理の回数が減る
    2. 5~8回|自己処理する必要がほとんど不要になる
    3. 8~10回以上|脱毛完了の目安-産毛もないツルツルの状態になる-
  4. 少ない回数でヒゲ脱毛を終わらせるには?医療脱毛で注意するポイント5つ
    1. 毛質・肌質に合った脱毛機を選ぶ
    2. 正しい毛周期で脱毛する
    3. 自己処理の方法に注意する
      1. 適切な自己処理の道具を選ぶ
      2. 自己処理の前後のスキンケア
      3. 自己処理の頻度とタイミング
    4. 日焼け・保湿などの肌対策をする-レーザーの出力を上げられる!-
    5. 通いやすく予約が取りやすいサロン・クリニックを選ぶ
  5. メンズ医療脱毛30回に関連するよくある質問
    1. 医療脱毛10回では終わらないですか?
    2. まだらに毛が脱毛されてしまう可能性はありますか?
    3. メンズ脱毛の間隔を空けすぎると良くないですか?
    4. 部位ごとにメンズ脱毛に必要な回数・期間が知りたい
      1. メンズのヒゲ脱毛に必要な回数・期間
      2. メンズのワキ脱毛に必要な回数・期間
      3. メンズのすね毛脱毛に必要な回数・期間
      4. メンズのVIO脱毛に必要な回数・期間
  6. まとめ:医療脱毛なら30回以内に濃いヒゲもツルツルに!相談して契約をしよう

メンズ医療脱毛は30回でも終わらないことはある?濃いヒゲに必要な回数を解説

脱毛を受ける場合、30回以上必要かどうか?は脱毛方法によって異なります。

結論、脱毛には大きく分けて医療脱毛とサロン脱毛(光脱毛)があり、医療脱毛であれば少ない回数で脱毛が完了できます。

以下では、男性が脱毛を受ける場合に必要な回数や期間について脱毛方法別に解説しています。

ゆい

太くしぶとい毛を無くしたい剛毛の男性なら医療脱毛が特におすすめです。必要な回数をみていきましょう。

医療脱毛の場合-濃いヒゲでも8回~15回ほどでツルツルに-

メンズ医療脱毛の場合、濃いヒゲであっても8回~15回ほどでツルツルを目指せる可能性が高いです。

ゆい

青ひげに悩まされている場合も、10回以上受けることで毛穴が目立たない清潔感を手に入れることができます。

実際に男性の声をみてみると、8~10回くらい受けることでほとんど自己処理がいらないレベルに毛の量が減ったという人が多いようです。

反対に、ヒゲが元々かなり濃く範囲も広い場合10回ほどでは完全に無くならなかったという人も一定数いるようです。

ただし、医療脱毛であれば半永久的に脱毛できるため、多くても20回以内には脱毛を完了できる可能性が高いと言えます。

ヒゲ脱毛に関しては他の部位と比べてしぶとく太い毛が生えてしまう場合もあるため、コース契約をするときは5回以上を検討するのがおすすめです。

https://twitter.com/higedatumouitai/status/1702876639426977999
ゆい

体毛に関しては5回でも満足する人は多いですが、ヒゲは同じ回数では終わらなかったという人も多いようでした。

メンズの医療脱毛10回の効果について以下の記事でか解説しています。ぜひ参考にしてください。

サロン脱毛の場合-30回かかる可能性アリ-

サロン脱毛の場合、30回以上かかってしまう可能性があります。

理由として、そもそもサロン脱毛は医療脱毛と比べて出力が弱い光を使用しているためヒゲなどの深く太く生えている毛にアプローチするのに向いていないためです。

ゆい

医療脱毛は痛みが強いですが、その分脱毛効果が出やすいです。対してサロン脱毛は痛みが少ないかわりに毛を無くすまでに何十回と受ける必要があります。

また、医療脱毛であっても、VIOやかなり濃い髭の人は20回近い回数通う人もまれにいます。

サロン脱毛の場合は、剛毛でなくても30回以上になる可能性は十分にあるため、少ない回数で終わらせたい人は医療脱毛がおすすめです。

30回以内で終わらせたいなら医療脱毛がサロン脱毛よりおすすめ!医療脱毛の基礎知識

濃いヒゲに必要な脱毛の回数を解説しました。では、できるだけ少ない回数で終わらせるにはどうしたら良いでしょうか。

結論、30回以内で脱毛を終わらせたい場合は医療脱毛がおすすめです。

ゆい

医療脱毛はヒゲが濃くて悩んでいる人に特におすすめです。他の脱毛方法との違いも確認しましょう。

医療脱毛とは?サロン脱毛・ニードル脱毛との違い

まず、医療脱毛はどんな脱毛方法なのかを確認しましょう。

ゆい

サロン脱毛は脱毛サロン、医療脱毛はクリニックで提供されています。

医療脱毛の特徴-永久脱毛が期待できる-

医療脱毛は、医師や看護師など資格をもったスタッフのみ行うことができる医療レーザーを使った脱毛方法です。

専門の医療機関やクリニックで受けることができ、痛みが強いかわりに脱毛効果が高いことが大きな特徴です。

また、医療レーザーは毛根や毛根付近のバルジ領域という組織に対して照射し、発毛に必要な組織ごと処理します。

そのため、一度脱毛すると発毛組織がダメージを受け、毛が再生しづらくなります。

半永久的に脱毛効果を持続することができることから「永久脱毛」ができると言われています。

ゆい

医療レーザーはサロン脱毛と比べてレーザーの出力が強く、濃い毛や太い毛にもよく反応します。
ただし、100%完全に生えなくなる永久脱毛を保証するものではなく、まれに再び生えてくることがあります。個人差や施術の部位によっても異なる場合があります。

サロン脱毛やニードル脱毛との違い

対してサロン脱毛は、光によって発毛組織にダメージを与えることによって脱毛する方法のため、あくまでも毛が生えずらくしたり、生えるのを遅らせる減毛・抑毛効果にとどまります。

しかし、サロン脱毛は低価格なことが多く、痛みが少ないというメリットがあります。

また、「通い放題プラン」など、医療脱毛にはなかなか無い半永久的に脱毛に通い続けられるお得なプランもあります。

ゆい

デメリットとして、サロン脱毛の場合はしばらく脱毛をお休みしてしまうと再び毛が生えてきてしまう可能性が高いです。

また、ニードル脱毛は毛を針で一本一本処理する脱毛方法です。

細かなヒゲの形デザインなどに向いていますが、一般的に全身脱毛など広い範囲の施術にはレーザーや光での脱毛が行われます。

医療脱毛のメリット・デメリット

医療脱毛は、脱毛効果が高く30回以内で脱毛したい人におすすめの脱毛方法ですが、デメリットも存在します。

メンズ医療脱毛のメリットとデメリットをまとめると、以下のとおりです。

【医療脱毛のメリット】

  1. 「永久脱毛」効果がある
    毛根を破壊し、永久的に脱毛の効果が持続します。一度脱毛した毛は半永久的に生えてこないため、ツルツルの仕上がりを希望する方に最適です。
  2. 早く効果が実感できる
    細胞を破壊するため、脱毛の効果が早く現れます。エステ脱毛よりも効果を感じるまでの時間が短いため、モチベーションを保ちやすく、楽しく通える点が魅力です。
  3. 通う回数が少ない
    効果的な施術のため、通う回数が比較的少なくて済みます。忙しい人でも手間をかけずに脱毛を完了できるのが大きな利点です。

【医療脱毛のデメリット】

費用が高い
高性能の脱毛器を使用し、資格を持った医療従事者が監修するため、サロン脱毛に比べて費用が高くなる傾向があります。永久的な脱毛効果を得るためには複数回の施術が必要となり、コストがかさむことがあります。
脱毛時の痛みが強い
強力なレーザーを毛根に照射するため、痛みを感じることがあります。特に敏感な部位や濃い毛がある箇所では、痛みが強く感じられることがあります。
施術後の副作用がある
施術後に一時的な赤みや腫れが生じることがあります。肌に炎症が起こったり、埋没毛が発生する可能性もあるため、不安を感じる場合は医師に相談して適切なケアを受けることが重要です。
施術範囲が限定される場合がある
医療脱毛は黒い色素を含む毛に反応するため、白髪や色素の薄い産毛などには効果が得られにくいです。また、ほくろ周辺の毛や日焼けした肌には施術できないため、施術範囲が限定されることがあります。

デメリットとして「痛みが強い」、「料金が高額」などがあります。

痛みは「輪ゴムでパチンと弾かれたような痛み」といわるることが多く、ヒゲやVIO脱毛は特に痛みが強い部位で

ゆい

脱毛時の痛みについては以下の記事も参考にしてくださいね。

痛みが心配な人は麻酔代が無料の医療脱毛クリニックを選ぶのがおすすめです。

\麻酔代が無料!おすすめクリニック/

メンズエミナルの詳細を見る

脱毛料金の高さについても、医療脱毛の場合全身脱毛をするとなると最低でも10万以上の出費を覚悟する必要があります。

ただし、料金には脱毛中に起きる肌トラブルの治療やアフターケアなどが含まれていることが多く、出力が強いレーザーに不安を感じる人でも継続しやすい環境が整っています。

ゆい

一回あたりの料金は高いですが、長期的に見た時に少ない回数で終わることができるためコスパが良いのが医療脱毛と言えます。

また、医療脱毛においてまれに増毛化・硬毛化のリスクがあることは理解しましょう。

「硬毛化」
脱毛を何回か受けた後に、毛穴から今までなかったような太くて硬い毛が毛穴から生えてくること「増毛化」
施術、毛量が減るのではなく毛の本数が増えてしまうこと

硬毛化・増毛化・原因については、まだ明確な原因は現在の科学技術では解明されていない部分があり、メカニズムが完全には説明されていないようです。

ゆい

蓄熱式の脱毛器は、脱毛時のダメージが熱破壊式の脱毛器よりも劣るため、硬毛化や増毛化が起こりにくいと言われています。

もし硬毛化や増毛化が起きてしまった場合は、アドバイスを聞きながら再度適切なレーザーの照射を行うことで対処しましょう。

追加照射が半額以下でお得!メンズリゼの詳細を見る

濃いヒゲでも医療脱毛10回以上でツルツルに!回数別のメンズ医療脱毛の効果

次に、回数別の脱毛の効果を確認しましょう。

脱毛の効果は、個人差はあるもの2回目以降から毛が少なくなることを実感する人が多いです。

ただし、医療脱毛であっても複数回施術を受ける必要があるため根気強く通うことが大切です。

また、ヒゲやVIOは特に毛がふとい部位のため効果がすぐに現れない人もいます。

ここでは、メンズ医療脱毛の場合の回数別の脱毛効果について解説します。

ゆい

脱毛回数と期間の部位別の目安は以下のとおりですよ。

【メンズ医療脱毛の回数・期間の目安】

脱毛部位脱毛の効果を感じるまで(回数)自己処理が楽になるまで(回数)ツルツルになるまで(回数)完了までの期間
顔【ヒゲ】・うなじ3回以上5回以上10回以上約1~2年
腕・脚3回以上5回以上6回以上約1~2年
ワキ4回以上6回以上8回以上約1~1.5年
VIO4回以上5~10回以上10回以上約1.5~2年

※回数と期間は個人差があります。

回数別に脱毛効果のあらわれ方の詳細を見ていきましょう。

3~5回|自己処理の回数が減る

メンズ医療脱毛を3回~5回受けると自己処理の回数が減るのが実感できるようになってきます。

すね毛などある程度毛を残しておきたいと感じている人は、5回以内で脱毛が完了できる目安ともいえます。

しかし、レーザーは成長期の毛にしか反応しないためすべての毛にアプローチしきれてない状態であることが多いです。

ゆい

毛全体の中で成長期の毛は20%といわれています。単純計算で脱毛が完了しツルツルにするには理論上最低でも5回必要といえますね。

実際成長期の毛かどうかを見分けることができない、かつ成長期の毛が生え揃っていない場合もあるため、5回ではツルツルにはならないケースが多いです。

 

5~8回|自己処理する必要がほとんど不要になる

8回施術したときの効果の目安は自己処理がほとんどいらない状態といえます。

ヒゲや脚など毛が太い箇所であっても、5回以上施術することで自己処理の負担をかなり減らすことができます。

顔などであれば、青ひげなどが軽減できる回数といえます。

青ヒゲの原因は皮膚の下にある毛が透けて見えることが原因といわれていますが、この頃には毛が細くなりヒゲの濃さに悩んでいた人でも改善されている場合が多いです。

ゆい

毛穴がほとんどなくなったと感じる方が多いですよ。ただし、ヒゲが顔の周り全体でかなり濃い場合はまばらになってくるのが目立つ場合があるため、さらに回数を重ねる必要があります。

8~10回以上|脱毛完了の目安-産毛もないツルツルの状態になる-

10回以上施術したときの効果は、毛がほとんどないツルツルな状態にできる場合が多いです。

毛穴がほとんどなくなり、永久脱毛の効果を実感できる人が多いでしょう。

産毛も含めてツルツルにしたい人は、10回は施術を受けることがおすすめです。

ただし、医療用レーザーは毛の黒い部分に反応するため、産毛や細い毛は濃い毛に比べると反応しづらく、10回では完全には無毛にできない可能性もあります。

また、VIOなど粘膜に近く肌の色合濃い場合も脱毛効果が得られづらいため、ツルツルを目指すには15回以上の施術が必要な場合もあります。

ヒゲが濃い人の場合、中には20回近く医療脱毛を受けてツルツルになったという人もいます。

10回以上受けても毛がなかなか減らないと感じている場合は脱毛器のレーザーがあっていない場合なども考えられるため、より太く深い毛穴にもアプローチできるレーザーを使用している脱毛器を選択するのがおすすめです、

ゆい

毛が太く悩んでいる人でも、10回以上受ければツルツルになり、脱毛が完了する人が多いです。

追加照射が半額以下でお得!メンズリゼの詳細を見る

少ない回数でヒゲ脱毛を終わらせるには?医療脱毛で注意するポイント5つ

ヒゲが濃い人の場合でも、医療脱毛であれば30回などの脱毛回数を受ける必要が無いことを解説しました。
ですが、費用が高い脱毛ですし、できるだけ少ない回数でツルツルになりたいですよね。
ここでは、少ない回数で脱毛を完了させるコツとして気をつけたいポイントを解説します。
美容とともにコストを気にする男性に向けてぜひ意識してほしい注意点をあげているので、ぜひチェックしましょう。
ゆい

医療脱毛クリニックを選ぶ際に注意したいポイントを解説します。

毛質・肌質に合った脱毛機を選ぶ

少ない回数で脱毛効果を得るには、毛質や肌質にあった脱毛器を選ぶことが大切です。

医療脱毛では、アレキサンドライトレーザー、ダイオードレーザー、ヤグレーザーの波長が異なる3つのレーザーが主に使用されており、クリニックによって使用できるレーザーが違ったり、各レーザーを使い分けたりする機器を選択することができます。

以下はレーザーの特徴です。

アレキサンドライトレーザーダイオードレーザーヤグレーザー
特徴短い波長のレーザーでワキやVIOなど太く濃い毛にも効果あり幅広い肌質・毛質に対応可能。産毛にも効果がある長い波長のレーザーで、日焼け肌や肌が弱い方でも施術可能
デメリット・日焼けした肌には、火傷リスク
・産毛に効果が得られにくい
・根深くしぶとい毛には効果が低い可能性あり・痛みがかなり強い
効果がある毛質太く濃い毛太く濃い毛(産毛も可)太く濃い毛
肌質色黒肌×
日焼け肌×
多少の色黒肌〇
多少の日焼け肌〇
色黒肌〇
日焼け肌〇
ゆい

これら3つのレーザーすべてを使いわける最新の脱毛器などを使用しているクリニックもあります。値段だけでなく、ツルツルにしたい部位にあった脱毛器を選べるか?などを確認しましょうね。

また、使用するレーザーとともにチェックするポイントとして熱破壊式脱毛か蓄熱式脱毛かという観点も確認しましょう。

蓄熱式脱毛と熱破壊式脱毛の違いは以下の表で確認してみましょう。

蓄熱式脱毛と熱破壊式脱毛の違い

蓄熱式脱毛熱破壊式脱毛
効果の実感速度遅め早め
毛の色色素の有無に関わらず適応黒い毛(メラニン)に適応
痛みの感じ方照射時の痛みは比較的少ない照射時の痛みが強い
脱毛までの時間効果の実感までに時間がかかる効果の実感が早い
肌のターゲットバルジ領域の毛包幹細胞へ熱を与える毛乳頭や毛母細胞へ熱を与える
肌質・毛質による適応黒い肌やホクロ・シミがある肌に適応肌色・毛色によって限られる
ゆい

蓄熱式脱毛は比較的歴史が浅い脱毛方法で、弱い出力で連続で照射することで永久脱毛が期待できる医療脱毛です。それぞれ得意な毛質はことなりますが、痛みが強い熱破壊式脱毛のほうが効果が高いというわけでは必ずしもありません。
蓄熱式脱毛は理論上肌のダメージが少なく2週間に一回施術が可能ですが、短い期間に何回も施術することは無駄な出費となってしまう可能性があるためやめましょう。

医療脱毛クリニックを選ぶ際は、痛みや脱毛効果を比べた上で「使用するレーザー×蓄熱式脱毛or熱破壊式脱毛」かを考えてみましょうね。

正しい毛周期で脱毛する

部位別の脱毛回数の項目でも解説しましたが、メンズ脱毛を少ない回数で終わらせるには正しい毛周期で施術を受けることがおすす

毛周期とは?
成長期→退行期→休止期の3つのサイクルからなる、毛の生え変わりのサイクルのこと。
体毛は一定の周期を経て成長し、その後退行し休止期を迎えます。脱毛効果を得るためには、成長期の毛に対してレーザー脱毛を行うことが必要です。成長期の毛は毛根にメラニン色素が豊富に含まれており、これがレーザーの光に反応して効果を発揮します。

自己処理の方法に注意する

できるだけ少ない回数で脱毛を完了させるためには、自己処理方法も気をつける必要があります。

結論、自己処理はできるだけしないようにし、毛抜きなどは使用しないようにしましょう。

施術を受ける際に熱傷(やけど)や肌トラブルのリスクを避けるためにも、誤った自己処理方法をしないようにしましょう。

自己処理の方法に注意するポイントは以下の3つです。

ゆい

肌状態は自己処理の仕方も関係しています。方法を確認しましょう。

適切な自己処理の道具を選ぶ

自己処理にはカミソリよりも電気シェーバーがおすすめです。

肌への負担が少なく、クリームやフォームなどの円滑剤を使わずに行えます。

また、毛抜きや脱毛ワックスは脱毛効果が低下する上に埋没毛など肌トラブルの原因となりますので避けましょう。

毛抜きを使用すると、毛穴が引っ張られ傷ができ毛周期が大きく乱れてしまいます。

ゆい

カミソリも皮膚の角質を落としてしまいダメージを受けやすい肌になってしまうためおすすめできません。

おすすめの自己処理道具は以下の3つです。

  • 電気シェーバー
  • 除毛クリーム
  • 家庭用脱毛器
できるだけ肌に刺激をあたえないように肌に優しいタイプの電気シェーバーを選びましょう。

自己処理の前後のスキンケア

脱毛を少ない回数で完了するには、自己処理前後のスキンケアも欠かさず行いましょう。

自己処理のコツとして、前に肌を温めることで肌が柔らかくなり剃りやすくなります。蒸しタオルなどを使って肌を温めると良いでしょう。

また、自己処理後は、肌がレーザーでダメージを受け敏感になっている状態ため、必ず保湿ケアを行いましょう。

ゆい

保湿することで肌トラブルを防ぎ、施術による負担を軽減することができますよ。

自己処理の頻度とタイミング

施術前の自己処理のタイミングは施術の1~3日前に行うことが理想的です。

直前に自己処理をすると敏感な肌にレーザーを照射することになり、肌が炎症を起こすリスクが高まります。

一方、自己処理から施術までの期間が長すぎると毛が長くなり、施術が難しくなることがあります。

そのため。適度な長さの毛が生えている状態で施術を受けるためにも施術の1~3日前に自己処理を行いましょう。

ゆい

ただし、個人の肌状態や体質によって効果には個人差があることを念頭に置いておきましょうね。

日焼け・保湿などの肌対策をする-レーザーの出力を上げられる!-

メンズ医療脱毛をできるだけ少なく完了させるためには、日焼けをしないことが重要です

脱毛期間中は日焼けを避け、肌を健康的に保ちましょう。

日焼けをしている肌だと、レーザーの照射ができないと一時的に施術を断られてしまう可能性があります。

もし日焼けをしてしまった場合は、肌の保湿を行い、食事でビタミンCを摂取しましょう。

ビタミンCは抗酸化作用があり、日焼けによるダメージを軽減する効果があります。

普段から日焼け対策を実践することで、脱毛効果を最大限に引き出し肌の健康を守りながら効果的な脱毛を進めることができます。

ゆい

日焼け対策は脱毛効果に大きく影響します。しっかりと対策しましょう。対策することでレーザーの出力を下げないで施術をすることができますよ。

通いやすく予約が取りやすいサロン・クリニックを選ぶ

メンズ医療脱毛では、少ない回数で脱毛を完了させるために通いやすく予約がとりやすいクリニックを選びましょう。

なぜなら、あまりにも長期間施術に間があいてしまうと、成長期であった毛が退行期に入ってしまい脱毛効果が得られにくい可能性があるためです。

実際に、だらだらと半年以上間を空けて通ってしまい施術の回数が増えたと後悔している男性の感想もあるため、

毛周期に合わせて定期的に通うことが最も最短でツルツルにするのに大切です。

ゆい

予約が取りやすいかについては正直クリニックごとにも状況が異なるため、どこが取りやすいとは一概に言えません。クリニックを選ぶ際は各クリニックごとの口コミもしっかりと確認しましょう。

 

【メンズ医療脱毛で少ない回数で効果を出すコツまとめ】

  • 脱毛回数を毛周期に合わせて調整する
  • 日焼けを避ける
  • 自己処理はできるだけ行わず、処理方法にも注意する
  • 通いやすく、予約が取りやすいサロン・クリニックを選ぶ

以上が少ない回数で脱毛を完了させるコツです。

メンズ脱毛は医療脱毛であれば30回受ける必要はありませんが、個人の毛質や肌質によって効果の実感までの期間が異なることを理解しましょう。

脱毛を始める前にはしっかりと情報を集めて、肌にできるだけ負担をかけないようにいたわりながら過ごしましょう。

追加照射が半額以下でお得!メンズリゼの詳細を見る

メンズ医療脱毛30回に関連するよくある質問

メンズ脱毛に関心を持つ人の中で、医療脱毛の回数に関するさらなる疑問や質問がよく寄せられます。

医療脱毛は10回で終わらないのか?など効果を実感するまで期間や回数など、さらに気になるポイントがたくさんありますよね。

ここでは、メンズ医療脱毛でよくある質問について詳しく解説し、不安や疑問を解消します。

ゆい

メンズ医療脱毛の疑問を無くしましょう。

医療脱毛10回では終わらないですか?

元々毛が太く濃い男性の場合、医療脱毛10回では終わらないケースがあります。
10回で終わらない場合は、多くの場合VIO、ヒゲがしぶとく残りがちです。
ゆい

ヒゲの中でも鼻下がしぶとく残ると感じる人が多いようです。

VIOは、毛周期も長く太くて硬い毛が密集している部位のため、12回以上の施術となる場合があります。

ただし、ツルツルでなくても良い男性の場合は10回以内で満足することもあるため、自身のなりたいイメージをカウンセリングで相談しましょう。

まだらに毛が脱毛されてしまう可能性はありますか?

脱毛の回数を重ねると、ツルツルの部分と毛が生えている毛穴の差がきになる場合があります。

特にVIOやヒゲの場合、まだらに生えてきやすい部位です。

医療脱毛の回数が少ない時点ではまだらになることがありますが、施術回数を重ねることで最終的にツルツルにすることができます。

ゆい

脱毛途中だとまだらになることがありますが、照射ミスではありません。根気強く続けることで解消されていきますよ。

メンズ脱毛の間隔を空けすぎると良くないですか?

メンズ医療脱毛を受ける際、間隔を空けすぎないように注意しましょう。

通常、脱毛を受ける際はスタッフのアドバイスを聞きながら1ヶ月~3ヶ月ほどの期間を空けて施術を継続します。

空けすぎは成長期の毛がはえそろったタイミングを逃してしまうことになり、効率よく脱毛できない事態につながるため、アドバイスされた期間で定期的に通うようにしましょう。

部位ごとにメンズ脱毛に必要な回数・期間が知りたい

部位ごとに脱毛回数について解説します。メンズ脱毛において、部位ごとに毛周期や毛の太さ、密度が異なります。

全身脱毛をする場合、部位によっては契約したコースでは回数が足りなかったということもあります。

事前に部位別に必要な回数・期間の目安を確認しましょう。

ゆい

部位ごとの必要な回数についてそれぞれ解説します。

メンズのヒゲ脱毛に必要な回数・期間

メンズのヒゲ脱毛は、他の部位に比べて毛周期が短く、比較的短い期間で施術を行うことが可能です。

顔・ヒゲの目安の回数について表をまとめました。

部位平均回数目安必要な期間照射間隔
ヒゲ(アゴ、頬、顔全体など)5回~10回約1~1.5年1〜3ヶ月に1度

顔の脱毛を完了させるのは、期間として1年~1年半ぐらいが必要といえます。

ゆい

ヒゲ脱毛は毛が太く、効果がでやすい部位です。

個人差はありますが、10回以内にヒゲの自己処理がほとんどいらない状態までもっていくことも可能です。
ただし産毛も多かったり、人によっては泥棒ヒゲのように目穴が目立ってしまう人もいる箇所にはあるため、ツルツルを目指す場合は10回くらいの施術が必要な可能性もあります。

メンズのワキ脱毛に必要な回数・期間

男性の脇の毛は比較的濃く太いため脱毛効果が出やすい部位とされています。

平均的に4~8回の施術で十分な効果が得られることが多いです。

施術の間隔は毛周期に合わせて2~3か月程度がおすすめです。この間隔で施術を行うことで、成長期の毛に効果的に照射することができます。

部位平均回数目安必要な期間照射間隔
5~8回
脇は毛周期が長く、2ヶ月程度の期間をあける必要があります。
ゆい

脇の毛全てをなくしてツルツルにするには1年半~2年半程かかると見ていたほうが良いでしょう。

メンズのすね毛脱毛に必要な回数・期間

すね毛脱毛に必要な回数は、ワキと同様に4回位以上がおすすめです。

脚も脇同様に、毛が太いため効果が実感し易い箇所になります。

部位平均回数目安(産毛が残るくらいまで)必要な期間照射間隔
脚(すね毛)5~8回約1~1.5年1~3ヶ月

必要な期間としては、脚は範囲も広いため1年半~2年半程かかると見ていたほうが良いでしょう。

また、脚を出している場合日焼けによって照射ができないこともあります。

ゆい

日焼けをしているとレーザーの出力を低くしないと当てられなかったりします!脱毛を早く完了させるためにも日焼けをしないように気をつけましょう。

メンズのVIO脱毛に必要な回数・期間

メンズ脱毛でVIOの施術は、他の部位と比べて毛周期が長く、長期間かかる傾向があります。

ゆい

VIOを脱毛完了させたい場合、1ヶ月半~3ヶ月ほど間隔を開ける必要があるため、かなり長い期間が必要です。

部位平均回数目安(産毛が残るくらいまで)完了目安(ツルツルになるまで)照射間隔
Vライン5~8回8回~15回2~3ヶ月
I・O8~10回12~15回2~3ヶ月

特に、I・Oラインは肌の色素が濃いためVラインよりも脱毛効果が出づらく、長期的に通う必要があります。

ほぼ毛がない状態であるハイジニーナを目指す場合、2年以上かかってしまう可能性も少なくありません。

ゆい

必要な回数は部位によっても違いがありますが、VIOは特に期間がかかる部位といえます。ツルツルにしたい場合はできるだけ早く始めることがおすすめです。

hhttps://knoc.jp/biyo/archives/77

追加照射が半額以下でお得!メンズリゼの詳細を見る

まとめ:医療脱毛なら30回以内に濃いヒゲもツルツルに!相談して契約をしよう

この記事では、メンズ医療脱毛は30回以上いるのか?など、回数別の効果の目安や最短で脱毛を完了させる注意点について解説しました。

結論、医療脱毛を受ける際には10回の施術がツルツルの目安といえます。

また、サロン脱毛の場合30回以上受けてもツルツルにならない可能性があります。

しかし、部位によっては10回以内で満足するケースもあり、個人差があり必要な回数は異なります。

そのため、コース契約終了後に好きな箇所のみ追加照射でき、安くなるクリニックがおすすめです。

ゆい

メンズリゼは学割も充実しており、5回コースなどを受けたあとの追加照射がお得です。
※追加照射の分の料金には学割20%OFFは適用されません。

\追加照射が通常料金の半額以下でお得!/

メンズリゼの詳細を見る

 

また、第二次性徴期である思春期の男性などはホルモンバランスも変動する時期のため、医療脱毛であっても新しく毛根ができ毛が生えてしまうこともあります。

体質や毛の濃さによって適切な回数は異なるため、医者や看護師と相談して自分に最適なコースを決定することが重要です。

医療脱毛においては、しっかりとしたカウンセリングとプアドバイスを受けながら、自分に合った施術回数を決めましょう。

できるだけ少ない回数で脱毛完了することを可能にするためにも、日頃から肌のケアを怠らないようにしましょう。

ゆい

メンズ脱毛の必要な回数の目安は掴めましたか?自信のなりたい姿を検討しながら、まずはカウンセリングで相談してみましょう。

追加照射が半額以下でお得!メンズリゼの詳細を見る

 

タイトルとURLをコピーしました